NRハワイ ホームページ
HOME
営業所案内
ご利用ガイド
料金表・車種
保険制度のご案内
ご予約・ご質問
ドライブ・アドバイス
よくある質問
ご利用ガイド
ハワイでレンタカーを利用するのは、とっても簡単。
日本から予約することができて、現地でも日本人スタッフが親切に対応いたします。
日本からハワイに出かけレンタカーを利用するまでの流れをまとめてみました。
※ピーク時に当ホームページあるいはニッポンレンタカー海外予約センターのご予約がない場合「ピーク料金」1日10ドル、一週間で50ドル加算されます。
ピーク時は、車両不足にもなります。お早めのご予約を推奨いたします。
ご利用ガイドイメージ

レンタカーのご予約
日本をご出発前にご予約いただきますと、現地での手続きも簡単で便利です。
(現地でのお支払いのみになります)
(1) インターネット予約
ご予約は、「ご予約・質問」の予約申込みフォームをご利用ください。
ご予約・質問ページへ Click
(2) 日本からの電話予約
電話でのご予約は、ニッポンレンタカー海外予約センターにて承ります。

ニッポンレンタカー海外予約センター
フリーコール(0120)107186
 注)携帯・PHS・一部電話回線からは、下記電話番号をご利用ください。
TEL(03)6859−6233
 営業時間 平日9:00〜17:15(土・日・祝祭日・年末年始 休業)
電話応対品質向上のため、通話内容を録音させていただきます。
E-mail intlres@nipponrentacar.co.jp
ニッポンレンタカーハワイのサイトで申し込まれたご予約につきましては、直接ニッポンレンタカーハワイの問い合わせ窓口(NRHI888@highspeedhawaii.com)にてお願いいたします。
(3) 現地(ハワイ)からの予約
ハワイからはTギャラリアDFS営業所にご連絡またはご来店ください。
TギャラリアDFS営業所のご案内ページへ Click
(4) ご予約時の注意点(メンバーについて)
スーパーレッドメンバー(SRM)に入会されるとおトクなメンバー料金でご利用いただけます。
ご予約の申し込みをされる場合は、スーパーレッドメンバーに併せてご入会ください。
ご入会は、スーパーレッドメンバー新規ご入会コーナーで受け付けております。(ネットからなら入会手数料無料です)
スーパーレッドメンバー(SRM)のご案内 Click
スーパーレッドメンバー(SRM)の会員専用コーナー(お客様情報の確認・変更など) Click

レンタカーの貸出/返却
ニッポンレンタカーは米国ではナショナルカーレンタル社と提携しており、同社の車両をご利用していただきます。 オアフ島(ホノルル空港・ワイキキ)ではニッポンレンタカー営業所(スタッフは日本人です)にてお手続き(お支払い・注意事項説明)をされた後ナショナル営業所にて車のピックアップを行ないます。
※他島(ハワイ・マウイ・カウアイ)については、日本人スタッフはおりません。
※ワイキキ以外のご出発の場合、運転者名義のクレジットカードが必要となります。
※カーナビ、ロードサービスなどのオプションおよび、二人以上の追加ドライバーおよび二人以上の25歳未満の追加料金、2台以上のチャイルドシート等追加料金のお支払いは、運転者名義のクレジットカードでのお支払いとなります。

(1)ホノルル空港での貸出/返却へ Click

(2)ワイキキ地区での貸出/返却へ Click

(3)他島(ハワイ島・マウイ島・カウアイ島)での貸出/返却へ Click

ご利用時の注意
年齢制限があります。
ドライバーが21〜24歳までの方は、1人1日25ドルの追加料金がかかります。これは保険料です。20歳以下の方は運転できません。
1台の車にメインドライバーの他に1名(25歳以上の方)が無料で登録できます。必ず登録前に免許証の提示とサインをしてください。登録者以外の方が運転した場合、保険等の補償は一切受けられません。

8歳未満または身長及び体重が基準値(143センチ、18キロ)以下のお子様は後部に幼児専用シート着用が義務付けられております。幼児専用シートは1人1席分として計算します。
詳細はこちら Click
2000年7月3日より、18歳までは後部座席に座り、シートベルトを着用することが法律化され施行されました。

運転中のマナーや注意点は、ハワイ・ドライブ・アドバイスのページにまとめてありますので、そちらもご参照ください。


運転免許証について

「国際免許証をお持ちの方へ」
ハワイ州法では国際免許証だけでは運転できません。必ず日本の有効な運転免許証をお持ちください。

提携先ナショナルカーレンタル社のハワイ州では今現在日本の有効な運転免許証だけでレンタルは可能となっています。しかしながら、万が一事故トラブルなどに巻き込まれた場合、現地警察官が事故処理等の手続きをする際に国際免許証の提示を求めるケースが通例です。ハワイの警察官や救急隊は日本の免許証を提示しても日本語が読めません。
また運転中に危険な運転と判断された場合はハワイ州警察当局の指示に従い車輌レンタルができなくなる場合もあります。その他スピード違反、駐車違反等の交通違反は所轄警察官が漢字を読めない場合は違反切符をその場で処理できず現住所と本人確認の為、翌日または当日簡易裁判所に出頭しなくてはならない場合もあります。
従いまして日本の免許証と共に国際免許証もご持参いただく事を強くお勧めいたします。
もし、日本の免許証だけで運転する場合、ナショナルカーレンタル社、及びニッポンレンタカーハワイは上記のようなケースになる事を理解、承知した上での運転とみなし特別な処理や対応(出頭の代理など)は一切できませんのでご了承ください。

「ハワイの免許証(カマアイナ・ライセンス)をお持ちの方へ
日本の免許証が有効でも裏面に「VOID」のスタンプが押されていますと当HPで案内さて頂いている「パッケージ料金」はご利用になれませんのでご注意ください。提携先のナショナルカーレンタル社をご紹介いたします。