HOME > 交通安全年間スローガン
交通安全年間スローガン

ニッポンレンタカーグループでは、交通事故ゼロの世界を目指し、CSR活動の一環として、 「財団法人全日本交通安全協会および毎日新聞主催の交通安全年間スローガン募集」 に毎年「職場ごとの応募」を行い、入賞した作品はポスターにして営業所にも掲げ、 従業員はもとよりお客さまにもわかりやすく身近に交通安全を訴えています。

交通安全年間スローガンは、毎年募集しており、今年で42回目(第1回は昭和40年)です。 今年は、全国から16万8,110点の作品が寄せられ、交通関係機関・団体の関係者や学識経験者に よる審査を経て、内閣総理大臣賞、内閣府特命担当大臣賞、警察庁長官賞それぞれ3点ずつと、 文部科学大臣奨励賞(こども部門)1点、佳作(全日本交通安全協会会長賞)18点が選ばれました。 うちニッポンレンタカーグループからの職場応募による作品は7点が選ばれました。

この事業は、内閣府、警察庁、法務省、文部科学省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、NHK の後援とJA共済連、(財)日本自動車工業会の協賛を得て実施しているもので、内閣総理大臣賞 (最優秀作)の受賞者は、平成19年1月17日に東京の日比谷公会堂で開催します「第47回交通安全 国民運動中央大会」の時に表彰されます。

NRは、ニッポンレンタカーグループからの職場応募による作品です。

ニッポンレンタカーグループ関連の入選作

内閣総理大臣賞(最優秀作品)

歩行者・自転車利用者に対するもの

NR自転車も ハンドル握れば ドライバー及川 雅史 宮城県仙台市 会社員(25歳)

内閣府特命担当大臣賞

歩行者・自転車利用者に対するもの

NR危ないよ わたれるつもりの その横断小倉 たみ子 宮城県塩釜市 会社員(46歳)

警察庁長官賞

運転者(同乗者を含む)に対するもの

NRシートベルト 後ろの席も 締める癖平塚 千賀志 宮城県仙台市 会社員(51歳)

佳作(全日本交通安全協会会長賞)

運転者(同乗者を含む)に対するもの

NR停めないで! そこは命の 通り道高橋 幸司 千葉県 会社員(29歳)

歩行者・自転車利用者に対するもの

NR目を向けて みんなで守ろう 高齢者佐々木 裕之 宮城県 会社員(46歳)

NR思いやる 気持ちを持って 漕ぐペダル鈴木 洋志 北海道 会社員(40歳)

NR自転車も メール見ないで 前を見て菊 和也 東京都 会社員(49歳)

入賞した全作品はこちら


◎最終審査会審査員
内閣府政策統括官付調査官・大津節男 / 警察庁交通企画課交通安全企画官・早川治 / 警視庁交通総務課交通安全担当管理官・布施賢而 / 文部科学省スポーツ・青少年局学校健康教育課課長・作花文雄 / NHK報道局社会部記者・松枝一靖 / JA共済連制度対策部社会貢献室主事・附柳智子 / 日本自動車工業会交通統括部長・大越茂 / 全日本交通安全協会専務理事・中村正則 / 同常務理事・太田昭雄 / 同総務部長・福地賢次 / 毎日新聞社文化事業部長・上遠野健一 / 同編集局次長・河野俊史 / 同編集局社会部長・斉藤善也 / 同編集局地方部長・広田勝己
◎関連リンク
毎日新聞の主な主催事業のページ
http://www.mainichi.co.jp/event/culture/
財団法人全日本交通安全協会のトピックスのページ
http://www.jtsa.or.jp/topics/T-72.html

◎ニッポンレンタカーグループのCSR活動

ニッポンレンタカーリスクマネジメント