1. トップ トップ
  2. パソコンのウイルス感染による情報流出の可能性に関するお知らせとお詫び
パソコンのウイルス感染による情報流出の可能性に関するお知らせとお詫び 
【2019年11月5日更新】

この度、弊社のお客様からの問い合わせ等へのメール対応を行っていたパソコン1台(以下、「当該パソコン」といいます)が、コンピューターウイルスに感染したことにより、当該パソコンに保存されていたお客様情報が流出した可能性について調査していることをご報告申し上げます。
このような事態を招き、お客様や関係者の皆様に多大なご心配とご迷惑をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げるとともに、早急な原因究明・再発防止に努めてまいります。

  • 1.現状と今後の対応につきまして
    弊社は、本件について、個人情報保護委員会及び警視庁に本件を報告し、二次被害の防止に取り組んでおります。
    また、現在、弊社では第三者機関による詳細な調査を行っております。今後、調査の進展により流出した情報の具体的内容等の新たな事実が判明した場合には、調査結果に基づき、該当したお客様に対し個別にお知らせ申し上げます。
  • 2.お客様へのお願い
    弊社のメールアドレスを装った不審メールが送られてきた場合、当該メールに記載されたURLにアクセスしたり、添付ファイルを開いたりしないでください。コンピューターウイルスに感染するおそれや、個人情報の開示を促すサイトへ誘導されるおそれがあります。身に覚えのない不審なメールを受信された場合は開かずに削除してください。
    もし、何らかの被害にあわれた場合は、最寄りの警察若しくは消費生活センター等へお問い合わせください。弊社へのお問い合わせは、弊社専用窓口(下記参照)までご連絡ください。
  • 3.発覚の経緯等につきまして
    2019年10月18日以降、お客様に対して、弊社のメールアドレスを装った送信者不明の不審なメールが配信されていることが確認されました(※)。こうした事態を受けて直ちに社内調査を行った結果、当該パソコンがコンピューターウイルスに感染し、当該パソコンからお客様の情報が流出した疑いがあることを確認しました。
    なお、当該パソコンは全てのネットワークから遮断しており、弊社内において、当該パソコン以外の端末やシステムへのウイルス感染は確認されていません。また、現在当該パソコンの使用は停止しております。
    「現在確認されている不審メールの一例」をご参照ください。
  • 4.調査対象のお客様情報につきまして
    当該パソコンで、2018年3月28日から2019年10月23日までに送受信したメールに含まれる情報(メールアドレス、件名、本文、添付ファイル)が対象となります。
    弊社はこのたびの事態を厳粛に受け止め、調査結果を踏まえてシステムのセキュリティ対策および監視体制の強化を行い、再発防止を図ってまいります。

【本件に関するお問い合わせ先】
ニッポンレンタカーサービス株式会社
 お問い合わせ専用窓口
フリーダイヤル: 0120-865-599
受付時間: 9:00〜18:00
(土日・祝日も受付) 

以上 

現在確認されている不審メールの一例 

        
  • ・本文が英文で記載されています。
  • ・送信元のメールアドレスが、ニッポンレンタカーのドメイン(@nipponrentacar.co.jp)の他に、別のメールアドレスも記載されています。
  • ・ドキュメントファイル等が添付されているメールもあります。

From:Tokyo Rc<number@nipponrentacar.co.jp>[mailto:rikj@cdtmail.com]
Sent:Wednesday,October23,2019 11:18 AM
To:
Subject:Compliance report-Tokyo Rc

Hello,


Hope this helps.
See attached.

If you have any questions,please do not hesitate to contact us.

Thanks&Regards,

Tokyo Rc
number@nipponrentacar.co.jp

Sent from my *****

ニッポンレンタカーを装った不審なメールにご注意ください。
【2019年10月21日】


「ニッポンレンタカーを装った迷惑メールが届く」というお問い合わせが寄せられております。
迷惑メールに記載のURLにアクセスしたり、添付ファイルを開いたりされますとコンピューターウィルスに感染する恐れや個人情報の開示を促すサイトへ誘導される恐れがありますので、身に覚えのない不審なメールを受信された場合は開かずに削除してください。
万が一、被害にあわれた方は、最寄りの警察もしくは消費生活センター等へお問い合わせください。