ニッポンレンタカーHOME > レンタカーを使う > だからニッポンレンタカー > 冬道を安全に乗り切る
場面別 安全運転必須テクニック

直線ではキープレフト
直線ではキープレフト
積雪で道幅が狭くなり、センターラインも見えなくなる冬道では、無意識のうちに対向車線にはみ出して走行しがちです。直線走行中は、意識的に左に寄って走行(キープレフト)するとともに、対向車のはみ出しには、早めの減速で対応しましょう。


交差点・付近では減速態勢で進行
交差点・付近では減速態勢で進行
特に街なかの交通量が多い道路の交差点手前では、スリップによる追突事故が多発しています。広い視野で流れ全体を見渡し、前車の減速・停止を先取りし、余裕をもって対応できる構えで追従しましょう。

交差点・付近では減速態勢で進行


交差点やその付近は、路面がタイヤで磨かれ、特に滑りやすいツルツル路面になりやすく、スリップして停止し切れずに交差点に滑り込んできた交差車両と出会い頭に衝突する危険があります。相手側に一時停止の義務がある交差点でも、いつでも減速できる態勢で接近しましょう。


カーブでは対向車の出現を予測
カーブでは対向車の出現を予測
カーブでは、予想外の対向車の出現に驚き、急ブレーキ・急ハンドル操作をして進路を乱し、対向車と正面衝突したり、路外に逸脱する事故を起こす危険があります。ゆるやかに見えるカーブでも、必ず対向車の存在を想定し、対向車が現れても余裕をもって対応できる速度で走行しましょう。


下り坂ではフットブレーキを控える
下り坂ではフットブレーキを控える
下り坂では、車の重心が前方に移動するため、後輪のタイヤのグリップが失われやすく、ブレーキをちょっと踏みすぎただけで横滑りやスピンを招く危険があります。下り坂の手前であらかじめ十分減速してシフトダウンし、エンジンブレーキを活用して速度を調整し、フットブレーキは極力使わないようにしましょう。


 
 
エコのために…
安全上支障がなければ、暖機運転はやめましょう!
 
 


[前のページ←] [冬道を安全に乗り切るTOP] [→次のページ]