ニッポンレンタカーHOME > レンタカーを使う > だからニッポンレンタカー > 冬道を安全に乗り切る
冬道運転の大敵…スリップを防ぐ3大テクニック
テクニック2 徐々に加速!

ゆっくり発進したあと、走りが十分に安定するまでは急いで加速せず、エンジン1,500回転くらいをめどにアクセルを一定に踏みとどめ、その状態で惰性がついて走りが安定してから、アクセルを徐々に踏み込んで、ゆっくり加速するようにしましょう。

テクニック2 徐々に加速!



急激な加速は横滑りやスピンを招く…


走行中でも、急激に加速すると、駆動輪が瞬間的に「空転スリップ」することがあり、その瞬間、横滑りやスピンを招く危険があります。
また、加速しながらハンドル操作をすると、横滑りやスピンが発生しやすくなりますので、追越しなどで進路変更するときは、アクセルを少しゆるめてからハンドルを操作しましょう。
カット


 
 
エコ効果


発進や停止の機会が多い市街地では、発進・加速時に4割近い燃料を消費しています。徐々に加速することにより、燃料の消費が抑えられます。
(財)省エネルギーセンター調べ
 
 


[前のページ←] [冬道を安全に乗り切るTOP] [→次のページ]