ニッポンレンタカーHOME > レンタカーを使う > だからニッポンレンタカー > 冬道を安全に乗り切る
冬道運転の大敵…スリップを防ぐ3大テクニック
テクニック1 ゆっくり発進!

AT車の場合は、ブレーキペダルから足を離すと車が動き出す「クリープ現象」を活用し、MT車の場合は、セカンドギアに入れ、アクセルを1,000回転くらいに踏みとどめ、クラッチを静かにつないで発進しましょう。AT車、MT車とも、発進して走りが安定するまでは、アクセルの踏み込みを一定に保ちましょう。

テクニック1 ゆっくり発進!



アクセルを踏みすぎると発進困難に…


発進するとき、アクセルを踏みすぎて、タイヤの駆動力が路面との摩擦力を上回ると、タイヤが空転してグリップが失われる「空転スリップ」が発生し、発進が困難になります。
発進できないときは、ただちにアクセルを戻し、もう一度慎重に発進し直すか、少しバックし、駆動輪を別の路面に乗せてから発進し直しましょう。
カット


 
 
エコ効果


発進から時速20kmになるまでに5秒かけるようにすると、燃費が10%ほど向上します。
北海道自動車短期大学調べ
 
 


[前のページ←] [冬道を安全に乗り切るTOP] [→次のページ]