ニッポンレンタカーHOME > 旅のお役立ちガイド > ドライブガイド > 東京湾・海のドライブ
東京湾・海のドライブ
レインボーブリッジ〜東京湾アクアライン



首都高速芝浦JC−レインボーブリッジ−有明JC−東京港トンネル−浮島JC−東京湾アクアライン−(海ほたる)−木更津
 
 


東京湾のほぼ中央を渡る東京湾横断道路「東京湾アクアライン」(国道409号線)の開通は平成9年12月18日。首都圏の交通の流れを変えるという大きな目的をもった「海の道」は全長15.1kmの高速道路で、神奈川県川崎市と千葉県木更津市間をわずか30分で結ぶ。今回はレインボーブリッジからこの東京湾アクアラインまでを一気に走り抜けてみた。

東京湾アクアラインドライブ
右の画像をクリックすると東京湾アクアラインドライブ体験ができます。→
(約357KB)

 


●レインボーブリッジ

レインボーブリッジは東京港の芝浦とお台場を結ぶ、全長798mの吊り橋で、平成4年に完成。都心から湾岸道路を通じて千葉や横浜方面への産業道路として、当初からしばしば渋滞するほどの交通量である。利用価値の高い道路であるとともに、眼下に海、間近に高層ビルを眺められるというのも魅力ある橋だ。また、この海をまたぐ優美な姿は、東京湾の名所としてすでに名高い。とくにイルミネーションに彩られた夜景は美しい。

首都高速芝浦JCからレインボーブリッジへ。実は芝浦側からはほとんど景色はみることができない。反対の有明側から芝浦へ向かう方が眺めはよい。できればここだけは少し渋滞しているくらいの方がゆっくり渡れて楽しい。
有明JCから羽田方面へ。東京港トンネルを抜け、京浜大橋を渡るとすぐに空港北トンネル、そして空港を過ぎる。これより多摩川トンネルをくぐり抜けたところが、アクアラインの入り口浮島JCだ。

●海の道は東京湾360度の眺望

東京からは首都高速湾岸線、横浜・川崎方面からは国道409号線と川崎浮島ジャンクションで、大きな口を開けたトンネルに海に向かって入っていく。口径14.14mのシールドマシーンで掘られたというトンネル部分はアクアラインの3分の2、約10kmを占める。平均水深は27.5mという。

ここを一気に走り抜けると、飛び出したところは長さ650m、幅100mの人工島「海ほたる」だ。
豪華客船をイメージしたという白を基調に木材を多く使った5階建て。1階から3階は駐車場だ。ただし、現在は収容台数480台と少な目で満車のことが多く、待つことになる。また、ひっきりなしに発着する観光バスの客で「海ほたる」は、いつもかなり込み合っている。ここから木更津方面へ向かう車の数が極端に少ないのを見ると、やはりまだ産業道路というより、東京方面からの「海ほたる」見物客が圧倒的に多いのがわかる。
ちなみに、ここは「Uターン可能」なレジャー施設でもある。

●海ほたる

1階の駐車場は大型車、主に観光バス用だ。路線バスの停留所もここ。路線バスはJR川崎駅前・木更津駅前間は料金は片道1,500円。羽田空港・木更津間も同じく1,500円。
この日はウィークデイというせいもあってか、待たずに2階のスペースに駐車。そこからエスカレーターで4階へ。この階は東京や千葉県の物産を並べた土産店、ゲームセンターや飲食物などのスーパーがある。木更津名物のあさり、ハマグリ、あわび、のりをはじめ、房総の海の幸や山の幸が売られている。また、なぜか北海道の海産物もある。

5階のパノラマデッキにはエスカレーターの吹き抜けを挟んで左右にレストランが3軒とファストフードが1店あり、いずれもメニューは洋食が中心だが、新鮮な海の幸を使った和食の店もある。料金も1,000円前後とリーズナブルだ。味もなかなかなものだが、雰囲気はまさに船上のレストランだ。

海の向こうに浮かぶ房総の山並みや横須賀の町を眺めながらという人には東側、遠くに東京のビル群を見ながらお茶や食事をという人は西側のレストランに。とくに夕日から暮れなずむころ窓際のテーブルは特等席といえよう。

●パノラマデッキは最高のデートスポット

木材を敷きつめたウッドデッキに木製のベンチ。寄り添うふたりが見るその風景は、遠く近くを行き交うさまざまな船、羽田空港から発着するジェット機の銀色の翼、東京タワー、横浜ランドマークタワーや都心の高層ビル群、その彼方には清々しい富士の姿。そして頭上に舞う海鳥たち。やがて訪れる荘厳な夕日のあとには、饒舌な都会の輝きがふたりを包む。「海ほたる」はとってもロマンチックなデートスポットでもある。

●技術の勝利 海底トンネル

5階のパノラマデッキから東側の階段を降りていくと、銀色に輝く巨大な半円形の物体がある。青い海を背景に、美しいオブジェかと見まがうが、これがアクアラインの3分の2をも占める海底トンネルをくり貫いたシールドマシーンのカッターフェースの一部を復元したものである。直径14.14mのマシーンで世界最大。先端には回転する刃がついている。掘り始める壁の外側の土にパイプをめぐらせその中に塩化カリウム飽和液を冷凍機で冷やして、厚さ5〜7mの土を凍らせ海水の流入を止めながら掘り進んだのだという。こうして一ヶ月で約160mずつ掘り、約9年の歳月をかけて完成した。川崎と海ほたるの中間にあるヨットの帆のような白とブルーのストライプの塔は換気塔だ。

●木更津方面へ

「海ほたる」を出ると、弓なりに弧を描いて青い海の中に延びる一直線の道、その先には房総の海岸線が広がる。たまたま通る車も少なく、まるでひとり占めしているかのようだ。空と海そして眩しい春の日差しの中を歓声をあげながらのドライブも、4.4kmの海の道は、またたくまに通り過ぎてしまう。

漁をする小舟が近くに浮かび、潮の引いた浜に人影が見えると、もう橋は終わりだ。高層のビル群を見慣れた目には、森と畑の景色が新鮮であると同時に、短い時間なのにはるか遠いところへ来てしまったようで、嬉しくなった。

アクアライン通行料
軽自動車:3,200円/普通車:4,000円/中型車:4,800円/大型車:6,600円/特大車:11,000円
所要時間/川崎−木更津間30km。約30分(道路状況によります)




○ニッポンレンタカーの車種・料金

詳しくは車種・料金一覧表をご覧ください。

○東京都、神奈川県、千葉県内のニッポンレンタカー営業所

ニッポンレンタカー ホームページの営業所検索で、東京都内神奈川県内千葉県内の営業所リストをご覧いただけます。


海ほたるネット
施設情報やアクセスの紹介、周辺観光案内など。

取材:1998年4月