ニッポンレンタカーHOME > 旅のお役立ちガイド > ドライブガイド > 冬の陽を楽しむ 知多半島
冬の陽を楽しむ 知多半島
名古屋市からまっすぐ南へ延びる知多半島道路と南知多道路結ぶ有料道路で、南端豊丘まで約40km。全線は普通車で860円。この沿線にはみどころ、遊びどころ、食べどころがいっぱい。そして冬の陽を楽しむドライブコースでもある。
●常滑市陶器会館

半田ICから約4km、常滑市はやきものの散歩道や全国でも最大級のスケ−ルを誇る登り窯、それに土管や焼酎瓶で埋め尽くされた土管坂で有名なところ。また重要な産業の仲間入りしたセラミックのセラモールも見どころのひとつだ。

●国盛・酒乃文化会館

常滑殻半田市へは西へ約5km。半田は醸造業が盛んで古くから蔵の町として有名だ。その酒蔵をそっくり生かしてつくった酒ずくりの博物館。仕込みや貯蔵などに使われた大樽や桶をはじめ、いろいろな酒造用具が展示されている。隣接するのは、酢の博物館。半田ではじめて酢が酒粕から酢が造られたのは江戸時代の文化元年。いまから190年も前のこと。ここはみつかん酢の里。
昔の蔵人たちの精神を分かりやすく今に伝えて暮れる。

●内海フォレストパ−ク

知多半島の最高峰、高峯山。山頂にある森の遊園地。パターゴルフやスカイモノレ−ルが楽しめ、キャンプもできる。豊かな緑と眼下に広がる青い海、自然のすばらしさをたっぷり満喫できるところ。海岸と山頂を結ぶゴンドラもスリリング。

●南知多ビーチランド

美浜ICから2kmあるいは国道247号線の上野間漁港を西へわずかにはいったところ。7000匹もの魚たちが泳ぐ水族館。可愛いラッコもいるし、イルカやアシカたちの芸達者なショ−は家族連れにとっても人気。

●南知多の味

南知多、伊良湖、太平洋の海の幸は、タイやヒラメ、タコに車海老、ワタリガニそれにのり、わかめ、ちりめんじゃこなど乾物もおみやげにも喜ばれる。また、山の幸は温暖な季節に恵まれ、太陽の香りをいっぱいに浴びた甘いみかんがある。


○問い合わせ
半田市役所商工観光課/TEL 0569-21-3111
常滑市役所商工観光課/TEL 0569-35-5111
南知多町役場 商工観光課/TEL 0569-65-0711
美浜町役場 産業課/TEL 0569-82-11