世界ラリー選手権(WRC)後半戦開幕
ドイツ・ラリー結果レポート

ドライブライン

2006年の世界ラリー選手権(WRC)は2ヶ月の夏休みを終わって、後半戦に入った。ドイツ最古の都市、トリアーはローマ人が建設した最北の街でもある。

浴場、競技場、市内への巨大な門など、古い遺跡とともに、中世以降に今度はドイツ人の作った街が広がる。モーゼル川が流れ、両岸の緩い丘陵地帯には、モーゼル・ワインのビンヤードが広がる。
ジャパン・ラリーを9月初め(1〜3日)に控え、直前の後半2戦は、日本のスバル勢にとって重要な役割を持つ。エース、ペター・ソルベルグ(ノルウェー)の復活は?車は戦闘力を強化したのか?今シーズンで撤退するピレリ・タイヤはどうか…。
今シーズン最後のターマック(舗装路)でのドイツ・ラリーはシトロエンの1〜2フィニッシュ。スバルのソルベルグはリタイヤに終わった。続くフィンランド、そして日本はグラベル(未舗装)のコースとなる。グラベルを得意とするスバルの復権に期待しながら、ドイツ・ラリーをレポートする。

モーゼルのブドウ畑を走るラリー車
モーゼルのブドウ畑を走るラリー車

ドライブライン

◇第1日(1レグ) ローブ首位に立つ

【トリアー(ドイツ)11日】2ヶ月の夏休みを終わって世界ラリー選手権(WRC)後半戦が、第9戦のドイツ・ラリーで再開された。タイトル争いのトップに立っているセバスチャン・ローブ(フランス、クロノス・シトロエン・クサラ)は快調。初日の首位をキープしている。シトロエンはクロノス・ワークスのダニエル・ソルド(スペイン)が2位、トニ・ガルデマイスター(フィンランド)が3位とトップ3を独占。4位にフォード・フォーカスのマーカス・グロンホルム(フィンランド)、5位にスバル・インプレッサのペター・ソルベルグ(ノルウェー)がいる。

ドイツを走るスバル・インプレッサ
ドイツを走るスバル・インプレッサ
ドイツ・モーゼル・ワインの産地、モーゼル川の両岸の斜面に広がるワイン畑が初日のフィールドだった。美しい風景の中だがドライバーにとって天候は最悪。晴れ、小雨、時に土砂降りで、タイヤの選択は決定的な走りの差となって結果に結びついた。
ローブはドイツで昨年まで4年間優勝。今年もまたトップに躍り出ている。4ヵ所のSSを2巡する設定で、ローブは5ヵ所でトップ。ソルドが3ヵ所、ソルベルグが1ヵ所を制した。

グロンホルムはシトロエンの3台に続く4位にいるが、午後のSS6でタイヤが合わず12位になったのが響いた。ソルベルグは前日のシェイクダウンでクラッシュ。車は大きなダメージを受けたがクルーが徹夜で修復。SS1はトップタイムのさい先のいいスタートを切ったが、変化するコンディションに翻弄された形。
「運のいい人もいたし、悪い人もいた。タイヤ選択が全てだった。午後のステージが始まるまでは雨の兆候もなかったのに、急に降り始めた。表彰台は狙える位置にいるので、これからが勝負」と話している。

Positions after first of three days of Rally of Germany:
1. Sebastien Loeb (Fra) Citroen
one hour 20 minutes 35.0 seconds
2. Daniel Sordo (Spa) Citroen
42.7 seconds behind
3. Toni Gardemeister (Fin) Citroen
+2mins 6.0secs
4. Marcus Groenholm (Fin) Ford
+2:11.4
5. Petter Solberg (Nor) Subaru
+2:23.1
6. Manfred Stohl (Aut) Peugeot
+2:29.4
7. Mikko Hirvonen (Fin) Ford
+2:48.6
8. Andreas Aigner (Aut) Skoda
+2:55.5


◇第2日(2レグ) ソルベルグ無念のエンジントラブル

【トリアー(ドイツ)12日】世界ラリー選手権(WRC)第11戦のドイツ・ラリー第2レグは12日、SS8ヵ所(148.64キロ)を行い、セバスチャン・ローブ(フランス、シトロエン・クサラ)が同じシトロエンのダニエル・ソルド(スペイン)を34秒3リードして総合トップを維持している。3位には2分14秒1ローブに遅れてマーカス・グロンホルム(フィンランド)がいる。スバル・インプレッサのペター・ソルベルグ(ノルウェー)は最初のSSでエンジントラブル。2レグから撤退した。

今シーズン前半の8ラリーを5回制しているチャンピオン、ローブは第2レグも悠々と首位で走り終えた。ただ一人のライバル、グロンホルムは3位に上がってきてはいるが、優勝を狙うにはあまりにタイムが離れてしまった。2分14秒差ではローブにアクシデントでもない限り、逆転は不可能だ。
初日に稼いだ大きなタイム差でローブは余裕の走り。SSトップを取ったのは最後のスーパースペシャル(5.84キロ)だけだったが、ソルドとの差も34秒を確保している。
グロンホルムのフォード
グロンホルムのフォード

「ダニエルは朝のステージで素晴らしい速さだった。今重要なのは1〜2で2台がフィニッシュすることだ」とローブ。
「セバスチャンとともに今のポジションをキープすることが大切。明日は4ステージをサービスなしで走る。車やタイヤにとっては過酷だ」とソルド。
残るSSは4ヵ所で距離は68.19キロ。プライベートのシトロエンでトニ・ガルデマイスター(フィンランド)が4位にいる。シトロエンの1〜3独占を阻むためにも、グロンホルムはミスのできない最終日となった。

Positions after second of three days of Rally of Germany:
1. Sebastien Loeb (Fra) Citroen
2 hours 47 minutes 53.5 seconds
2. Daniel Sordo (Spa) Citroen
34.3 seconds behind
3. Marcus Gronholm (Fin) Ford
+2mins 14.1 secs
4. Toni Gardemeister (Fin) Citroen
+2:39.8
5. Mikko Hirvonen (FIN) Ford
+2:56.4
6. Manfred Stohl (Aut) Peugeot
+3:20.0
7. Andreas Aigner (Aut) Skoda
+4:42.1
8. Stpehane Sarrazin (Fr) Subaru
+4:54.7
9. Jan Kopecky (Cz) Skoda
+5:11.7
10. Chris Atkinson (Aus) Subaru
+5:23.1


◇最終日(3レグ) ローブ優勝。WRC最多の26勝達成

【トリアー(ドイツ)13日】セバスチャン・ローブ(フランス、シトロエン・クサラ)が、世界ラリー選手権(WRC)第9戦のドイツ・ラリーで5連勝、今シーズン6度目、WRCで26勝目を挙げカルロス・サインツ(スペイン)と並ぶ最多勝の快挙を達成した。また同じ国のラリーで5連勝はローブが初めて。

ローブWRC26勝。黒門前の表彰式
ローブWRC26勝。黒門前の表彰式

13日の最終日はSS4ヵ所で行われ、ローブは危なげなく走破、2位のダニエル・ソルド(スペイン)を33秒8後に従え、シトロエンの1〜2フィニッシュ。ローブの選手権ポイントは84。このラリー3位には入り、ポイント2位のマーカス・グロンホルム(フィンランド、フォード・フォーカス)の51点を大きくリードしている。
ローブは初日にスパート。8ヵ所のSSのうち5ヵ所でトップタイムをマークするなどの“貯金”を生かし、2レグ、最終レグとも落ち着いた走りで他を寄せ付けなかった。
「WRCでカルロスと同じ26勝になったのはとても嬉しい。しかし、ドイツでの勝利も自動的に積み重なったものではないし、全ての優勝の陰には厳しい戦いがあったんだ」と語った。
スバル・インプレッサのペターソルベルグは、第2レグでエンジントラブル。最終日も出走できなかった。フォードのミッコ・ヒルボネン(フィンランド)は最終SSを5位でゴールしたが、移動区間でバッテリーが作動しなくなりストップ。フィニッシュラインにたどり着けずリタイヤとなった。

Result from the Rally of Germany:
1. S Loeb (Fra) Citreon
3 hrs 28 mins 34.1 secs
2. D Sordo (Spa) Citroen
3:29:07.9
3. M Gronholm (Fin) Ford
3:30.53.3
4. T Gardemeister (Fin) Citroen
3:31:07.9
5. M Stohl (Aut) Peugeot
3:33.00.0
6. A Aigner (Aut) Skoda
3:34.16.7
7. J Kopecky (Cze) Skoda
3:34:19.9
8. C Atkinson (Aus) Subaru
3:35:59.1

Leading Championship Standings after rd 9:
1. S Loeb (Fra) Citroen
84pt
2. M Gronholm (Fin) Ford
51
3. D Sordo (Spa) Citroen
41
4. M Stohl (Aut) Peugeot
23
5. Hirvonen (Fin) Ford
21
6. P Solberg (Nor) Subaru
20
7. T Gardemeister (Fin) Peugeot
16
8. X Pons (Spa) Citroen
11
= H Solberg (Nor) Peugeot
11
= G Galli (It) Mitsubishi
11


中島祥和
取材:2006年8月