第12戦ラリーGB
異常事態の中、ソルベルグ(スバル)優勝

ドライブライン

2005年世界ラリー選手権(WRC)第12戦は最終日の9月18日、トップでSS(競走区間)を終えたセバスチャン・ローブ(フランス、シトロエン・クサラ)がタイムペナルティを受けて3位になったため、スバル・インプレッサに乗るペター・ソルベルグ(ノルウェー)が今季3度目、ラリーGB4連勝となった。
マルコ・マルティン(エストニア、プジョー307)がSS(競走区間)15でコースアウト。立木に激突し、コ・ドライバーのマイケル・パーク(英国)が死亡。ラリーは残るSS2カ所をキャンセルし、SS15までの成績を採用して終了すると見られた。しかし、プジョー・チームは即座に撤退を表明し、3位にいたマーカス・グロンホルムは記録から消えた。ポイント計算からローブが優勝、ソルベルグ2位になると、ローブの2年連続優勝が決まる。
仲間に死亡事故が起こった中でのタイトル獲得を敬遠したローブは、故意に2分のタイムペナルティを受け、ソルベルグ、フランソワ・デュバル(ベルギー、シトロエン・クサラ)に次ぐ3位に落ちてカーディフにフィニッシュした。タイトル争いはラリージャパン以降に持ち越された。


激しく走るソルベルグのスバル
激しく走るソルベルグのスバル
快走していたローブは自ら優勝を捨て3位を選んだ
快走していたローブは自ら優勝を捨て3位を選んだ

ドライブライン

◇シャンペン・シャワーなし

○…ドライバーは黙祷、優勝者の発表も、表彰式もなかった。カーディフのミレニアム・スタディアムには半旗が掲げられ異常な幕切れ。パークの地元、英国でショッキングな死亡事故は関係者の間に強い衝撃を与えた。
事故のすぐ後、パークの死亡が伝えられると、プジョーはこのラリーからの撤退を決め、3位のグロンホルムの記録が消えた。グロンホルムが残っていれば、ローブの優勝はラリーGBでは決まらない。しかし、棄権扱いになるとローブは悲劇のラリーGBで優勝という複雑な状況となる。
華やかなはずのセレモニーは沈んだものになった
華やかなはずのセレモニーは沈んだものになった

グロンホルム苦渋の表情
グロンホルム苦渋の表情
シャンペンを振りかけて喜ぶこともできない。ローブは故意にペナルティを受けて2年連続チャンピオンという栄光のシーンを避けた。ラリーの世界の“強い仲間意識”もあったろうし、心から喜べる環境も欲しかったのだろうが、もう1勝、または3位に入ればチャンピオンの座を守れる自信も背後に見えた。それでもローブの心境は複雑なものがあったようで、サービスパークでは「ラリーはサービスパークに集合した段階でストップすべきだった」とも話していた。

◇安全対策は進んでいるが…

○…高度なテクニックを駆使して一般路を走るラリーにリスクはついて回る。ここ10年ほどの間にラリーはずいぶんと安全になった。安全に関する規則は強化され、観客整理も現地からの連絡だけでなく、ヘリコプターを飛ばして監視するようになった。

イタリアやスペインの情熱的な観客は“タッチ”を競った。ラリー車にSSで触れる―。まさにタッチで若者は“勇気の証”のようにそれを誇った時期もあった。規制が厳しくなり、次第に危険な遊びはなくなったが、ラリー車を近くで見ようと、観客がSSのコースにはみ出すことは珍しくなく、サンレモ・ラリーは、開催地をサルディニアへと移した。あちこちのラリーで、SSが中止される多くの原因は、ラリーコースに観客がはみ出すためだ。
ロバンペラは惜しくもトラブルで遅れた
ロバンペラは惜しくもトラブルで遅れた

◇スポーツとリスク

○…安全規則を強化し、観客整理を徹底しても、スポーツから事故を一掃することは難しい。モータースポーツだけがリスクを持つのではない。ラグビーでも死亡事故はあるし、野球でさえ“危険球”を定めているほどだ。
WRCはバイクやF1に比べると、リスクは軽いようにも思えるが、決してそうではない。崖っぷちを走ることもあるし、コースのすぐ脇に樹木もある。高速で激突すればひとたまりもないようだが、車の強度やベルトが乗員を守ってきた。しかもラリーは運転する人と、コースを知らせるコ・ドライバーの2人が乗っている。
コ・ドライバーはレッキ(下見走行)で調べたコースを克明にペースノートとして作り、実戦で読み上げる。ほとんど前方を見ない。着地の衝撃も受けるまでわからないし、事故が起こる瞬間まで、すべてはドライバー任せとなっている。車は頑丈なロールケージ(丈夫なパイプの籠)で守られ、乗員も首を傷めないように今シーズンから新たな装備を義務づけられている。が、コ・ドライバー側から樹木に激突しては、安全装備も効果を発揮できなかった。

○…ラリーの大事故は減ったとはいえなくなってはいない。1993年のオーストラリア・ラリーでスバルのポッサム・ボーン(ニュージーランド)がジャンプに失敗して転倒。コ・ドライバーのロジャー・フリース(同)が死亡した。1985、86年にはコルシカ・ラリーで2年連続して、ドライバーのアティリオ・ベッテガ(イタリア)、アンリ・トイボネン(フィンランド)が事故死している。
死亡事故までは行かなかったが英国ラリーでも2001年、カルロス・サインツ(スペイン)が転倒し、コースにはみ出していた観客12人がけがをし、4人は骨折など重傷を負っている。
こうした事故が起こって、ラリーが短縮されたり、事故を起こしたチームがラリー続行をストップするケースはあったが、優勝したはずのドライバーが、自らそれを放棄する例はなかった。

○…ローブは2年連続チャンピオン、初のラリーGB優勝、シーズン9勝、自らのWRC19勝などの達成をこのラリーでは捨てた。ひどく感情が高ぶっていたようなコメントもあった。ローブがタイトル獲得には、ソルベルグに6点以上、グロンホルムに2点以上の差をつける必要があり、勝負はラリージャパン以降に持ち越された。それにしても、半旗が掲げられ、優勝者の発表もなく、皆が首を垂れたままラリーが終了するというのは異常な光景だ。



 ◇ラリーGB最終日
1.SolbergSubaru2h 45:57.8
2.DuvalCitroen+ 1:17.4
3.LoebCitroen+ 1:17.9(including 2-minute penalty)
4.RovanperaMitsubishi+ 1:29.4
5.StohlCitroen+ 2:35.0
6.KrestaFord+ 3:17.3
7.McraeSkoda+ 3:30.4
8.HigginsFord+ 3:40.9
9.MeekeSubaru+ 3:42.1
10.SolbergFord+ 4:20.5
11.PonsCitroen+ 5:19.3
12.WarmboldFord+ 5:28.8
13.SchwarzSkoda+ 9:13.4
14.GalliMitsubishi+ 9:40.9
15.WilsonFord+ 14:35.3

ドライバーズ得点
1.ローブ99
2.ソルベルグ65
3.グロンホルム61
4.マルティン53
5.ガルデマイスター47
6.ロバンペラ27
7.デュバル24
8.ストール16
マニュファクチャラーズ得点
1.シトロエン137
2.プジョー117
3.フォード76
4.スバル72
5.三菱54
6.シュコダ12


中島祥和
取材:2005年9月