ニッポンレンタカーHOME > 旅のお役立ちガイド > ドライブガイド > “いま沖縄が熱い”本島一周の旅(1)

“いま沖縄が熱い”本島一周の旅(1)

ドライブライン

中部のリゾート地及び那覇市周辺

世界一を誇る巨大アクリルパネルの中、巨大なジンベエザメや大マンタ、エイの群れ、そして回遊魚のマグロ、カツオまでが泳ぐ水族館。また珊瑚の大規模飼育や世界初という展示場からマナティー館やウミガメ館など数え切れないほどのみどころのある「海洋公園」は、いま沖縄の最大のスポット。昨年オープンしたばかりのこの「沖縄美ら海水族館」だけを観に全国から人々が訪れるほど大人気だ。

水族館もすごい。しかし、沖縄の魅力は珊瑚礁に囲まれた青とエメラルドグリーンの海やヤンバルクイナの生息する熱帯の森という恵まれた自然だ。
また琉球王国の歴史散歩。王朝時代をしのぶ料理、それらの食材から日用雑貨までところ狭しと並ぶ市場、若者の町国際通りも、旅行者は必ず訪れるところ。
そしてもう一つ、戦争の悲惨さを教えてくれる南部戦跡を心に刻むのも沖縄の旅では欠かせないだろう。


辺戸岬
辺戸岬
海洋博公園の水族館
海洋博公園の水族館

伊計島・白泊ビーチ
伊計島・白泊ビーチ
平和祈念公園
平和祈念公園

本島を北部、中部、南部と3回に分けて紹介したい。10月までは海の遊びが可能な中部のリゾート地及び那覇市周辺からはじめよう。
その前に、沖縄旅行者の大半はバスの団体旅行からレンタカーの旅に大きく変わった。5年前には本土で約6,000台だったが、その数は年々増加し1万台の大台を超え10,958台(平成15年3月現在)となった。その割には大きな事故は少ないという。沖縄の人の運転がゆっくりだからだ。
気をつけたいのはバスレーンへの侵入だ。主な道路は時間帯でバス路線になる。違反者は厳しく取り締まられる。
「とくにレンタカーはね。本土からお金を持ってやってくるから」と地元の人の話。冗談話と思うがくれぐれも気をつけたい。

沖縄は夏は多くは家族連れ、秋は若者、冬から秋にかけては熟年層と訪れる年代層が変わるが、一年を通して観光シーズンだ。台風シーズンの終わったこれからが好天に恵まれる日も多いと聞いた。


サムネイル1 サムネイル2 サムネイル3 サムネイル4 サムネイル5 サムネイル6

ドライブライン

<コース>
那覇市−(高速道路)−許田−(国道58号線)−仲尾次−(国道505号線)−今帰仁村−具志堅−(県道114号線)−海洋博公園−(国道449号線)−名護市−(国道58号線)−海中公園−恩納海岸−(高速道路)−那覇市
約220km

那覇市を起点にリゾートホテルの建ち並ぶ国道58号線沿いに本島最北端の辺戸岬へ。岬を廻って県道70号線ヤンバルの森を南下。南部の世界大戦の激戦地などをめぐった4泊5日、走った距離は1,000kmを超えていたが、実際の本島一周距離は400kmを超える。 ただし、コースの選択によってその距離はかなり異なる。沖縄は本島だけでも思ったより大きく、那覇市周辺は渋滞もあるので目的地への移動は十分な時間を持ちたい。

ルート付近のリンクポイントをクリックしてみてください

<ルート付近のリンクポイントをクリックしてみてください>



●本部半島

那覇市から高速道路で許田へ、そのまま本部町経由で行く方が近い。今帰仁(なきじん)村は北山王の居城であった「今帰仁城跡」がある。首里城に次ぐ規模で、石垣が残されている。道沿いの村には観光客の姿はく沖縄の人々の普通の生活があり、のどかな日々を感じさせる村だ。
具志堅で国道と分かれ、海洋博公園への県道114号線に入ると、防風林で囲われた古い沖縄の情緒が残る集落に出合う。
空港のレンタカー接続バス
空港のレンタカー接続バス

●備瀬のフクギ並木

防風林として昔から植えられていたフクギの木の並木も今は珍しい。台風の通り道の沖縄は強風から家を守る工夫がされていた。それは石垣や風に強いフクギの木が利用されていた。家々を囲うフクギの木と狭い路地。昔ながらの古い集落が残る。
観光客相手の特別な店や看板もなく、静かな佇まいをみせている。賑やかな海洋公園と隣接しているとはとても思えない静かな昔の暮らしがある。

備瀬のフクの並木を走る
備瀬のフクの並木を走る
備瀬のフク木と漁網
備瀬のフク木と漁網

●海洋博公園(国営沖縄記念館)

海洋博公園と伊江島
海洋博公園と伊江島
(画像をクリックすると拡大写真を表示します)

1975年に開催された沖縄海洋博覧会の跡地、約70万m2の敷地に“太陽と花と海”をテーマに沖縄の魅力を集めた公園が昨年オープンした。
園内には大海原を渡った先人の時代、南太平洋文化圏の歴史などが紹介された「海洋文化館」、17〜18世紀の民家を再現した「おきなわ郷土村」、1,700種余りのランを中心とした熱帯・亜熱帯の花や果実を集めた「熱帯ドリームセンター」、青い海が続く県内屈指のビーチ「エメラルドビーチ」などもあるが、お目当てはジンベエザメやマンタ、エイの大群の泳ぐ水族館だ。

公園内の入場は無料だが、各施設によって有料。(水族館は1,800円)
/問い合わせ 財団法人 海洋博覧会記念公園管理財団 TEL 0980-48-3748

●沖縄美ら海水族館

世界一を誇る巨大なアクリルパネルには全長7メートルもあるジンベエザメが数匹のコバンザメを伴って泳ぐ姿は迫力満点だ。その他サメやエイの群れ、マグロやカツオなど黒潮の回遊魚、アジや小魚の群れ、その種類と数の多さも世界一とか。
この巨大なアクリルパネルは、高さ8m20cm、幅22m50cm 、またアクリルの厚さも世界一の60cmもある。一日中魚たちの美しく優雅な舞いを眺めていても飽きない。まさに癒しの光景である。
その他、館内には生き物たちを自由にタッチできる水槽や「サンゴの海」「熱帯魚の海」「黒潮の海」「危険ザメの海」「深層の海」などのコーナーもあり、こうした生き物や海の美しさ神秘さを身近に知ることができる。
頭上を行くジンベイザメ。劇画の宇宙戦艦を見るようだ
頭上を行くジンベイザメ。
劇画の宇宙戦艦を見るようだ


海洋博公園の水族館
海洋博公園の水族館
最大の売り物ジンベイザメ。鰹の群、マグロ、鯛…。圧巻だ
最大の売り物ジンベイザメ。
鰹の群、マグロ、鯛…。圧巻だ
(画像をクリックすると拡大写真を表示します)


人も襲うホオジロザメ
人も襲うホオジロザメ
カラフルな魚たち
カラフルな魚たち

●塩川

名護市へ向かって国道449号線沿いにある「塩川」は中米のプエルトリコと世界に2ヶ所しかないといわれる珍しい塩の川だ。
海岸線から150m余り内陸にあって岩の間から常時海水が湧く。
潮位と湧出量は比例し、湧出量と塩水温は逆比例する。岩塩層、サイフォン、地下空洞説といろいろあるが確定的ではない。昭和47年に国の天然記念物に指定。
塩川は岩穴から常時塩水が湧き出ている
塩川は岩穴から常時塩水が湧き出ている
塩川の碑
塩川の碑

●恩納海岸ビーチ・エリア

恩納ビーチ
恩納ビーチ
恩納村の国道58号線沿いは沖縄の誇る日本随一のリゾートエリアだ。エメラルドグリーンの海を背景に豪華で贅沢なリゾートホテルと敷地内の施設が並ぶ。
よく手入れされた白い浜と紺碧の空青い海は、数々のポスターや雑誌のグラビアを飾ってきた。
一般には那覇市から辿るが、本部半島の帰路なので、ここでは逆コースとなる。

「海中公園」には海中展望塔があり、海中に面したガラス張りの部屋から餌付けされた魚をみることができる。
かりゆしビーチ、いぶんビーチ、みゆきビーチを眺めながらのドライブは爽快だ。やがて万座ビーチホテルを過ぎると、景勝地「万座毛」へと国道を離れる。

●万座毛(まんざもう)

高さ20mの琉球石灰岩の断崖。沖縄きっての名勝といわれている。現在は芝生と遊歩道の公園になっている。万座毛の名は1726年この地に立ち寄った琉球王尚敬(しょうけい)が「万人が座するに足りる毛(野原)」と賞賛したことから地名となった。
足下には奇怪な岩礁と東シナ海の雄大な眺め、現代は万座リゾートホテルの白亜のビルを望む。沖縄の代表的な景勝地だ。
ここよりタイガービーチ、ムーンビーチとホテルと美しい海岸が仲泊へと続く。名護市から仲泊間約20kmはサンセットビーチとしても名高い。
万座毛は奇岩がいっぱいある
万座毛は奇岩がいっぱいある

万座毛の岩場
万座毛の岩場
(画像をクリックすると拡大写真を表示します)

万座ビーチのホテル
万座ビーチのホテル

●首里城

那覇市の東、約4kmにある城は中国や日本の文化を取り入れた琉球独特の建造物で14世紀末に創建された。

守礼の門は人気
守礼の門は人気
沖縄戦で焼失したが、1992年に復元されるとともに周囲を「首里公園」として一般に開放。
広い敷地内は守礼門からはじまる。朱色の柱オレンジ色の瓦屋根「礼節を重んじる国」という守礼門があり、すぐ左手にある「園比屋武御嶽石門」がある。
石図造りの門は、国王が出御の折り、道中安泰を祈願したところ。いまでも参拝者が絶えない。この門は世界遺産に登録されている。

守礼門をくぐると高い石垣に囲まれた「歓会門」に出合う。やっと城郭内に入る第一の正門。尚真王時代(1477〜1526)に創建されたという重厚な構えの門だ。
なだらかな石段を上ると、さらに高い石垣の上にある第二の門 「瑞泉門」へ。立派な、めでたい泉という意味をもつこの門の手前には湧水があり、龍の口から湧き出ていることから「龍樋」と名付けられた 。王宮の大切な飲料水でもあった。
そして再び石段を上った奥には「漏刻門」、中国語では水時計を意味する。駕籠の使用を許されていた高官でも国王に敬意を表し、この門の前で、駕籠を降りた。
さらにもう一つの門、完全復元された板張りの「広福門」をくくると、首里城正殿への門「奉神門」に着く。これより先は有料だ。
観会門
観会門

瑞泉門
瑞泉門
城内の門は世界遺産に登録されている
城内の門は世界遺産に登録されている

首里城
首里城
(画像をクリックすると拡大写真を表示します)

首里城の本殿
首里城の本殿

琉球王国のシンボル首里城の正殿は、中国の紫禁城に似せた造りという。南殿、正殿、北殿の順で内部見学ができる。
内部には海を越えて運ばれてきた文化遺産や王朝時代を支えた技術などが展示されている。
公園内の建物や石垣施設などの見学時間は少なくでも1時間を要する。

/駐車場料金 310円、正殿入館料 800円
/問い合わせ
  首里城公園管理センター
  TEL 098-886-2020
首里城の案内、兼監視員
首里城の案内、兼監視員

●首里金城石畳

首里公園の南には16世紀に整備された首里と本島南部を結ぶための道路で、現在はその一部280mを残すのみだが、赤瓦屋根に琉球石灰岩の石垣と石畳は、王朝時代を忍ばせる。また沖縄市内国際通り近くで見つけた「崇元寺石門」があった。
崇元寺は中国明の使節を迎え、亡くなった琉球王の葬儀を行った寺だ。現在はその石垣の門のみが残されている。

金城の石畳。緊急の軍事道路でもあった
金城の石畳。緊急の軍事道路でもあった
那覇市内に残る崇元寺の門
那覇市内に残る崇元寺の門

●那覇国際通り

沖縄一の繁華街は昔「奇跡の1マイル」と呼ばれた「国際通り」だ。土産物店、飲食店、ブデックや焼酎・泡盛をところ狭しと並べる店がびっしり軒を連ねている。
この通りはかつては米軍の放出品を手がける店やサンゴの飾りものなどを店がいっぱいあったが、いまは観光客相手の小物などを売る店や郷土料理の飲食店が多い。
今では少数派になった放出品店
今では少数派になった放出品店

泡盛の店(国際通り)
泡盛の店(国際通り)
まむしよりはるかに毒性の強いハブ。効能は抜群か?
まむしよりはるかに毒性の
強いハブ。効能は抜群か?


●公設市場

国際通りのほぼ中程に市場の入り口がある。雑貨、乾物、果物からスーパーマーケットまである雑多な通りは沖縄の言葉で「マチグァー(市場)」が広がっている。迷路のような小路に迷い込むと、長寿の島沖縄らしくお年寄り用の衣料品店ばかりのところへ出た。もとの道へ戻ると、市場の中心には那覇市民の台所といわれる「第一牧志公設市場」があった。
1階は鮮魚、精肉、乾物など沖縄独特の食材売り場だ。本土では観たこともない色とりどりの魚や大きなエビ、貝などが並び、豚の足先から耳までが店頭に積み上げられる精肉店、それぞれが境界線のない店舗から、売り子たちの威勢のよい声が響く。
2階は食堂街で、こちらも境界線はない。1階で魚を買うとひとり3点までは500円で刺身か焼くか、みそ汁にと料理してくれる。雑多な雰囲気からアジア大陸の臭いがする。
沖縄料理については後で紹介したい。

市場への通りは地元と観光客で賑わう
市場への通りは地元と観光客で賑わう
“顔皮とん”は豚の顔。若い女性が買っていた
“顔皮とん”は豚の顔。若い女性が買っていた

とりどりの魚には、呼び名も書いてあった
とりどりの魚には、呼び名も書いてあった
南の海のカニも豊富
南の海のカニも豊富



○関連記事

■“いま沖縄が熱い”本島一周の旅(2)(2004/9)
■“いま沖縄が熱い”本島一周の旅(3)(2004/9)



○ニッポンレンタカーの車種・料金

詳しくは車種・料金一覧表をご覧ください。

○沖縄県のニッポンレンタカー営業所

ニッポンレンタカー ホームページの営業所検索で、沖縄県の営業所リストをご覧いただけます。


沖縄県庁
行政情報のほか「沖縄県を知りたい方のために」には沖縄デジタルアーカイブ「Wonder沖縄」の豊富な映像がある。
沖縄めんそーれ
沖縄の観光スポットや宿泊施設などの情報を整理して掲載。沖縄言葉や沖縄料理の解説も参考になる。
沖縄タビンチュネット
無料観光情報誌「季刊誌・タビンチュ」と連動した沖縄の情報サイト。クチコミが中心のほかおすすめ情報も。

取材:2004年9月