ニッポンレンタカーHOME > 旅のお役立ちガイド > ドライブガイド > 沖縄トロピカルドライブ
沖縄トロピカルドライブ

沖縄の西海岸をまっすぐ北へ延びる国道58号線。その距離約120Km。 ほぼ中央に恩納村、ハイビスカス、ブ−ゲンビリアの咲く亜熱帯気候日本屈指のリゾ−トエリアがある。 58号線と名護湾の許田へ向かう沖縄自動車道は、米軍基地を見ながら走るエキゾチックコ−ス。リソ−ト地への近道でもある。



●宜野湾市

宜野湾市より嘉手納、読谷村への国道58号線の約10kmはパ−ムツリ−並木越しに、横文字の看板、ラジカセのラップにのって踊る外国人、ユニ−クなレストランやショップを見ながら走る。ル−ト58と呼びたいようなドライブコ−スだ。

●東南植物楽園

沖縄北ICを下り、国道329号線の数キロで沖縄一の規模を持つ植物公園へ着く。東南アジアはもとより、アフリカ、南米など世界各地から移植された熱帯や亜熱帯の植物2000種以上が、南国の強い陽射しの中で一年中、咲き乱れている。

●残波岬

読谷村の残波岬は、高さ40mの隆起サンゴ礁の断崖が2キロにわたって続き、その断崖に荒波が白く砕けるさまは、豪快な眺めだ。
また名護湾をはさんで本部半島や伊江島、西は慶良間諸島まで見渡せる。サンセットが美しい。

●琉球村

石川ICから国道58号線へ。山田ジャンクションより旧国道へ入ると10分ほどで琉球村だ。
園内には伝統様式の古い民家が建ち、石垣の続く道までも、昔の村さながらに復元。民家は沖縄各地から移築されたもの。また沖縄の伝統工芸や昔の生活の様子も紹介されえている。 沖縄の人々にとっては懐かしく、本土からの観光客には、沖縄の昔の庶民の生活を知る一番のてだてである。

●恩納村リゾ−ト・エリア

石川ICをおりて、国道58号線を辿りたい。
琉球村から緑豊かな小高い山を抜けると、突然、白い砂浜とエメラルドグリ−ンの海が見えてくる。右手にはハイビスカスやクロントの木々の間にオシャレなドライブ・インが並ぶ。
真栄田岬から名護までの約30Kmの、この西海岸一帯を恩納海岸と呼ぶ。
さまざまな名称で呼ばれる施設の完備されたビ−チが続き、そこには世界でもトップクラスのリゾ−トホテルが建ち並ぶ。
スキュ−バダイビング、パラセ−リング、シュノ−ケリング、ジェットスキ−、ウィンドサ−フィン、水上スキ−、それに…。とマリンスポ−ツならなんでも楽しめる。
その上、長寿の素の沖縄料理から、一流フランス料理まで、世界中の味までが味わえる。まさにリゾ−ト地。何泊もしてゆっくり時間をかけて楽しむところである。

●本部半島

終点許田ICより国道58号線経由、国道449号線を本部へ。沖縄北部の観光の中心。
本部半島は、東西、南北ともおよそ20km。周辺の小さな島とサンゴ礁に囲まれた変化に富んだ美しい景色を見せる。
半島そのものは平地が少なく、山の斜面を利用してできるパイナップル栽培がさかん。その他、ミカン、マンゴ−やレモンも栽培され、観光客のためのフル−ツ狩りもある。