ニッポンレンタカーHOME > 旅のお役立ちガイド > ドライブガイド > 北陸の歴史と味を訪ねて〜能登半島外浦編〜

北陸の歴史と味を訪ねて
〜能登半島外浦編〜



能登半島の西側にあたる外浦は、日本海がその本来の荒々しさをむき出しに見せる場所だ。そのため内浦とはまた違った断崖や奇岩など迫力ある景観が形作られている。

さらに、日本海の厳しい自然のもとで育った魚介は身が締まり味も良い。能登半島ドライブの後半は、新鮮な海の幸を味わい、力強い自然を感じる旅だ。




富山空港−(北陸自動車道)−富山市−(国道156号線)−砺波市−井波町−金沢市−(能登有料道路)−千里浜−(国道415号線)−氷見市−(国道160号線)−七尾市−和倉温泉−(国道249号線)−珠洲市−禄剛崎−輪島市−能登金剛−(能登有料道路)−金沢市
全行程 約400km、2泊3日




<ルート付近のリンクポイントの地名をクリックしてみてください>




●揚げ浜塩田

禄剛岬から西にまわり狼煙町から高屋町へかけて続く木の裏海岸は、海の透明度が高いことで知られるところ。
一帯は国定公園特別保護区に指定され、自然の遊歩道などで散策を楽しむことができる。
これより約10km西の仁江海岸も国道249号線沿いに古い藁葺き屋根と昔ながらの塩田がある。ここに今でも、日本最古と言われる製塩法をかたくなに守り続けている方がいるという。
このあたりでは加賀藩三代藩主前田利常公が財源確保と農民救済のため塩造りを奨励した。当時は重要産業だった製塩業もいまではすっかり廃れてしまったが、ただひとり土地に伝わる砂取節の哀調とともに民宿を経営しながら製塩法を守っている。一袋200gで500円。塩でありながら甘味もあってうまい。ミネラルもいっぱいだ。
問い合わせ/民宿・揚げ浜塩田 TEL 0768-87-2857

●曽々木海岸

揚げ浜塩田からさらに西には岩礁がきれいな曽々木海岸がある。
冬には激しく吹き上げられた海水の泡が「波の花」となって遊歩道にまであがってくることもある。
ここから少し内陸に入ったところには平家の落武者がやって来たという「下時国家」「上時国家」がある。
入り組んだ海岸線が多い能登半島だが、禄剛岬から輪島にかけては海沿いの快適なドライブが楽しめる。

●輪島

奥能登最大の観光地である輪島、中でもみどころは「朝市を見ないと輪島は語れない」といわせる朝市だ。
輪島の朝は早い、と聞いて、さっそく出かけてみた。(実際には朝市は7時〜11時)
通称朝市通りは海辺に近い河井町本町通り。海辺には大きな駐車場(無料)がある。通りにびっしりと並ぶ店は屋台から地面に一枚の布やゴザを敷いただけのものまで約200店ある。
海産物や干物、野菜、民芸品からおもちゃまで、また屋台では魚や貝、干物まで焼いて食べさせてくれるところもある。「なんかこうてくだぁ」という売り声の中、大勢の観光客が行き交う。
もともとは生活に根付いた朝市だったが、いまは観光客相手の店が多いと地元の人の話。
せっかくの朝市だったが、品物は周辺の町と比べるとやや高めのようだ。しかし、朝市の雰囲気や地元のオバサンたちが持ち寄る採りたての野菜、旬の魚をその場でさばいてくれるのを見るのは楽しい。

朝市の通りを少し入ったところに地元で有名な 朝めし屋 がある。朝市に合わせて早朝から店を開いているので営業時間は朝だけ。
カウンターだけのこじんまりした店だが、ひとりできりもりしているという女主人は、地元ではちょっと知られた人らしい。地元の客が「この店のオバサンと料理は有名だ」という。その日の朝、輪島に水揚げされた地物の魚以外使わない、と胸を張る。

この日の夕食は輪島駅前で客待ちしているタクシーの運転手にお薦めの店を紹介してもらった。駅から徒歩で約15分、タクシーでは3〜4分の弥生町にある 季節料理屋 だ。

○輪島塗

輪島塗1000年の歴史を紹介する「石川県立輪島塗芸美術館」は輪島市の西南、小加勢川沿いにある。日本で唯一の漆専門の美術館で、館内には人間国宝、芸術院会員をはじめ、古今の漆芸家による多くの作品が展示されている。
/入館料 600円、TEL 0768-22-9788

また、若い漆塗り作家の作品の展示されている「うるし工芸作品館」が朝市通りからほど近い海岸通りにある。日本が世界に誇る伝統美術工芸品だ。
/入館料 無料、TEL 0768-22-0859

●能登金剛

山が海まで突き出した海岸線が続く能登金剛は断崖絶壁、奇岩や洞窟の宝庫。自然の力強く美しい造形美が堪能できる。
この迫力ある海岸線は季節やその日の天候によってその姿を一変させる。風のなくよく晴れた日は穏やかに、悪天候の日には荒々しく岩に砕け散る白波も魅力的だ。とくに厳しい冬は怒涛となって岩を噛み、砕けた波は白い泡となって天に舞う。

岩を見る名所がいくつかあるが、とりわけ国道249号線を生神から県道36号線沿いの巌門が有名だ。幅6m、高さ15m、奥行き60mの「巌門洞窟」。駐車場から徒歩5分くらい。
この巌門や高さ27mの鷹の巣岩、千畳敷岩などを観る遊覧船も出ている。
/所要時間 約20分、料金 800円

輪島から能登金剛の間、県道沿いの海辺の村、大沢では潮風、とくに厳しい冬の冷たい風や吹きつける雪を防ぐため、家々は「間垣」(写真)と呼ばれる葦簾で囲われていた。珍しい集落の佇まいといえよう。

また、門前町には曹洞宗大本山「総持寺祖院」がある。いまから約700年前(1321)開祖されてたいう古刹の境内には総ケヤキ造りの法堂や座禅修行を行う僧堂などがある。
総持寺の奥の裏山には湧く霊水と伝えられる清水「古和秀水」がある。お茶会や仏前の献茶として使われ、地元の人も広く愛用されている。
/拝観料 400円、TEL 0768-42-0005

これより能登有料道路を利用、金沢へと戻る。




○ニッポンレンタカーの車種・料金

詳しくは車種・料金一覧表をご覧ください。

○石川県内のニッポンレンタカー営業所

ニッポンレンタカー ホームページの営業所検索で、石川県内の営業所リストをご覧いただけます。


輪島市
市の概要や観光情報、輪島塗、いくつもある祭りの紹介など。RealPlayerで御陣乗太鼓の音が聴ける。
能登半島情報
FLASHによる地図上で体験エリアを選び概要を調べたり各市町村へのリンクを利用できる。html版もある。
奥能登の紹介
個人のページだが、観光地や名所、温泉などがよく整理して提供されている。デジタルカメラ写真集も美しい。
シティガイド金沢・加賀・能登
金沢・能登の温泉、テーマパーク、観光スポットなどの情報を提供。お土産に関する情報も画像つきで紹介。

取材:2000年8月