船とレンタカーで行くノルウェー・フィヨルドの旅(2)

ドライブ途中のビューポイント 西海岸の長い海岸線を往来する定期船「フッティルーテン(Hurtigruten)」も、ベルゲン(Bergen)を出発してから7日目、往路の終着港キルケネス(Kirkenes)に着く。ここで観光客の大半は下船し、空路でそれぞれの目的地へと向かった。そして新たな乗客を迎え、船は同じコースを辿ってベルゲンへと戻る。
その2日目、「世界で最も美しいところ」のひとつといわれるロフォーテン(Lofoten)諸島へ行くため、ハシュタ(Harstad)で下船。これよりレンタカーに乗り換え、最南端まで約350kmの道のりを、橋やトンネルで結ばれた半島のように細長い島々を渡って往復した。
ロフォーテン諸島とは、氷河の浸食により削られた大地がやがて水没してできた地形の島々の総称だ。ヴォーゲン(Vågen)、ヴェストヴォーゴイ(Vestvågøy)、フラックスタッド(Flakstadøya)、モスケネス(Moskenesøya)島の4つの大きな島と無数の小さな島々からなり、まるでアルプスの山頂付近を海に浮かべたように見えることから「海のアルプス」とも形容されている。

大ヒット映画『アナと雪の女王』に登場するファンタジーなシーンの多くは、ノルウェーの大自然や街並みをモチーフにしたものだという。とくに海から山が屹立する独特の風景は、ロフォーテン諸島の地形そのものだった。

ドライブルート

ハシュタ(Harstad)−スヴァルバ(Svolvær)−レイネ(Reine)−オー(Å)−ハシュタ(Harstad)

全行程 約700km

<赤いドライブルート付近のマーカーをクリックするとその項目にジャンプします>

  • サムネイル1
  • サムネイル2
  • サムネイル3
  • サムネイル4
  • サムネイル5
  • サムネイル6

ハシュタ(Harstad)

北緯69度近くの北極圏に位置する。ヴァイキング時代から重要な基地として栄えた街。19世紀にはイワシ漁が盛んだったという。港には本島や島々からの定期船やフッティルーテンなどの大型船も寄港する。人口約2万4,000人という北極圏では三番目の都市で、レストランやカフェもあり、ショッピングモールやスーパーマーケットも充実している。
さらにロフォーテン諸島への拠点として、また白夜の夏にはハイキングやホエールウォッチング、冬にはオーロラ観賞の地として観光客に人気の街だ。
これよりレンタカーでロフォーテン諸島へ出発。

  • ハシュタナルビク空港

    ハシュタナルビク空港

  • 空港内のレンタカーカウンター

    空港内のレンタカーカウンター

  • フィヨルドに架かる、空港とハシュタを結ぶ橋

    フィヨルドに架かる、空港とハシュタを結ぶ橋

ロフォーテン諸島(Lofoten)

国道E10号線沿いの漁村

国道E10号線沿いの漁村

13〜16世紀、ベルゲンはハンザ商人の庇護のもと繁栄したが、その貿易を支えたのは、このロフォーテン諸島のタラ漁であった。この地方の干しダラはハンザ商人によりベルゲンを積み出し港としてヨーロッパ各地に輸出された。現在もロフォーテン諸島の主要産業はタラ漁なのだ。ロフォーテン諸島の魅力は自然ばかりではなく、タラ漁とともに生きる人々の強い生き様を知ることでもある。

ハシュタ港より国道83号線を空港方面へ約30km、ここで空港への道と分かれて国道E10号線を先端まで辿る。約50km海岸線を走り、さらに約20km先のトンネルを抜けると、コンクリートの立派な橋が有り、橋の手前に「これよりロフォーテン」の看板があった。“まるで絵ハガキの中に入って行くよう”と形容される「海のアルプス」のはじまり地点である。橋の上から望むフィヨルドの風景は実は海峡で、フッティルーテンなどの大型船舶をはじめ、さまざまな船が行き交う航路でもあった。しかし、両岸は険しい山々に囲まれ、流れの中には無数の小島が浮かぶ。10月も後半に入ったいま、まだ昼だというのに、傾いた太陽の光はすでに夕日のように白くあたりを照らしていた。

  • ロフォーテン諸島へ

    ロフォーテン諸島へ

  • スヴァルバへの分岐点

    スヴァルバへの分岐点

  • 島々を隔てる深いフィヨルド

    島々を隔てる深いフィヨルド

  • ロフォーテン諸島はここから始まる

    ロフォーテン諸島はここから始まる

道は深く切り込んだ入り江に沿ってくねくねと曲がりながら続く。道すがら小さなパーキング場を見つけ、一休み。エンジンを切ると、そこは音のない世界である。
空は青く澄み、空気は冷たく、山々にへばりつくように生える草木は黄、茶、橙そして赤と染まる。秋の斜光がフィヨルドに差し込むと、静寂に包まれた穏やかな時間が流れる。またあるときは、この地に住んだ先住民の痕跡を伝える碑や、保存された史跡にも出会う。
夏は観光客で賑わう国道も、いまは交通量が少ないが、道幅は狭く、見通しの利かないカーブや坂道での対向車に注意が必要だ。

スヴァルバ(Svolvær)

ロフォーテン諸島はもともと良質な干しダラの積み出し港として知られていた。その中でスヴァルバは最大の港町であり、世界最大のタラ漁場を持つ。1〜4月の中旬には多くのタラ漁船で賑わう。また交通の要衝として発展。町の中心は大型船も発着する港周辺で、レストランや宿泊施設がある。その町の北に険しくそそり立つ山は、ロッククライミングの名所で、この山を目的に訪れる人も少なくない。

  • 港のホテル

    港のホテル

  • スヴァルバの街

    スヴァルバの街

この地方特有の海辺に建つ宿泊施設は「ロルブー」と呼ばれる。潮の満ち引きに対応できる高床式になっているものもある。かつてはタラを追ってタラ漁に集まってくる漁師たちが漁の合間に滞在した小屋。現在はキッチン、シャワー、トイレ付きの観光客用に改装されているものが多い。ほとんどは入り江の海に面して建つ。実際に今でも漁師小屋として使われているのは、茶色に塗られた木造の三角屋根の小さなものだが、ホテルの場合は一棟が大きくコテージ風に沢山並び、外観は白く塗られたお洒落なものもあった。

  • ロルブー風コテージが並ぶ

    ロルブー風コテージが並ぶ

  • 夕暮れ迫るフィヨルド

    夕暮れ迫るフィヨルド

レイネ(Reine)へ

切り立った岩山の麓を走る

切り立った岩山の麓を走る

スヴァルバからロフォーテン諸島の最西モスケネス(Moskenesøya)島への約200kmのドライブは、今回のコースでのハイライトだ。諸島を繋ぐ大小の橋、深い入り江を大きく回り込むように続く道。道幅が狭く上下する坂やカーブが続く。決して快適な道路とは言いがたいが、カーブを曲がるごと、坂道を上り下りする度に変わる山の形や海の色、なめらかな水面、また波立つ海に揺れる小舟や、山裾に点在するロルブー(漁師小屋)など、まるでおとぎの国の中にいるようだ。スマホをかざして映す風景は、誰が撮っても確かに絵ハガキである。
やがて鋭く尖った山々とその切り立った崖の下、うねうねと曲がりくねった道の果てに、まだ新しい大きな木造の建物に出会った。
ここは、観光用に移築されたタラ干し場と、再現された漁師の家の内部で、建物の多くは干しダラをはじめクジラの塩漬け、鮭の燻製などを売る物産店と、軽食もとれるカフェが併設されている。また別棟には「民俗博物館」も開設されていた。

  • 岩礁、小島がたくさんある

    岩礁、小島がたくさんある

  • 夕暮れ

    夕暮れ

  • フィヨルドの朝

    フィヨルドの朝

  • レイネの朝

    レイネの朝

  • レイネ背後の岩山

    レイネ背後の岩山

レイネの町はこれより約3km、崖と入り江の奥にあった。国道から左折して町へ入る途中から、最も美しいといわれるレイネの町の全容が見渡せる。海から迫り上がったような山々、その針峰群に囲まれたフィヨルドの、静かで透き通るような蒼い水に映る褐色のロルブーの風景は、まさにノルウェーの自慢である。
夜、この海辺のロルブーで大空に舞うオーロラを待ったが、残念ながらここでは見ることができなかった。

  • タラを干す棚

    タラを干す棚

  • タラ干し場

    タラ干し場

  • 漁村とタラ干し棚

    漁村とタラ干し棚

  • 漁師小屋

    漁師小屋

  • 売店の干しダラ

    売店の干しダラ

  • タラ漁の中心地、レイネ全景

    タラ漁の中心地、レイネ全景

本土ボードーへのフェリー

本土ボードーへのフェリー

オー(Å)

ロフォーテン諸島の最西端、レイネから約5km。崖にへばりつくような道と岩山をくりぬいたトンネルを抜けると国道E10号線の終点だ。そこにはバスのターミナルと大きな駐車場がある。今は10月末、訪れる人も少ないが、春から夏にかけては、大勢の人々が訪れるという。先端へは徒歩で約5分。巨大な岩がそのまま海へばっさりと落ちたさまは、まさに最果てを感じさせる。芝などで整備された先端の公園、その真下には垂直の岸壁に砕ける波の音が聞こえてくる。

  • 昼でも太陽は傾き、夕方のような気がする

    昼でも太陽は傾き、夕方のような気がする

  • 漁村の殆どは岩山の麓にある

    漁村の殆どは岩山の麓にある

  • ロフォーテン諸島で唯一のボードーへのフェリー港

    ロフォーテン諸島で唯一のボードーへのフェリー港

  • こういう橋で島はつながっている

    こういう橋で島はつながっている

  • ドライブ途中のビューポイント

    ドライブ途中のビューポイント

オーの町へはターミナルから徒歩で約5分。漁師の家々は漁が始まる冬までは、留守のことが多いと聞いた。また町には「ノルウェー漁師博物館」と「ノルウェー干しダラ博物館」があるが、いずれも季節外れで閉鎖されていた。

  • 尖った山頂はアルプスのようだ

    尖った山頂はアルプスのようだ

  • オーのリゾートコテージ

    オーのリゾートコテージ

  • コテージがフィヨルドに並ぶリゾート地

    コテージがフィヨルドに並ぶリゾート地

  • ロフォーテン諸島最西端のパノラマ

    ロフォーテン諸島最西端のパノラマ

  • 島々の最西端は大きな岩峰で終わっていた

    島々の最西端は大きな岩峰で終わっていた

  • 岩山を縫ってのドライブは快適

    岩山を縫ってのドライブは快適

  • フィヨルドに漁船が通る日常

    フィヨルドに漁船が通る日常

  • 用途不明。魚の頭だけ干している

    用途不明。魚の頭だけ干している

  • 夕日に光る小型漁船

    夕日に光る小型漁船

  • 島々に夕暮れが迫る

    島々に夕暮れが迫る

  • 夕暮れのハシュタ港

    夕暮れのハシュタ港

レイネのロルブーでゆっくり過ごした3日後、気温が急激に下がりはじめていた。山々の朝は霜で白く薄化粧し、日陰では路面が凍てつき、長い冬の訪れがもうすぐそこまで来ていた。そんな中、再びロングドライブの末、ハシュタに戻った。その夜、港に面したホテルの窓の外に、幸運にも鮮やかな緑色のオーロラが舞っていた。その光は消えたかと思うとまた現れ、大空に形を変えながら流れ広がったりしていた。そして帯状の光を透かして北斗七星が大きく瞬いていた。

  • ハシュタ上空のオーロラ(ホテルの窓から)

    ハシュタ上空のオーロラ(ホテルの窓から)

  • 北極圏を去る前夜、賑やかなオーロラが送ってくれた

    北極圏を去る前夜、賑やかなオーロラが送ってくれた

ノルウェー政府観光局
ノルウェーの観光情報を見られるほか、観光パンフレット(PDF)もダウンロードできる。

取材:2016年10月

  • ※ドライブコースの情報はそれぞれの記事の取材時点のものです。