ニッポンレンタカーHOME > 旅のお役立ちガイド > ドライブガイド > 奥州の史跡と温泉めぐり(1)

奥州の史跡と温泉めぐり(1)

ドライブライン

有備館 NHK大河ドラマ『天地人』のゆかりの土地を訪ねながら宮城・山形・福島・新潟の四県を回った。レンタカーという気軽な“足”ゆえに、一度ハンドルを握れば、あちこちと寄り道したくなる。戦国時代の武将たちの壮大な行動範囲には及ばないが、彼らが活躍した野や山もまた歴史ドラマのいくつものシーンを見せてくれる。
伊達政宗が築いた岩出山城(宮城県)から鳴子、「奥の細道」の一辺を辿り、銀山温泉を経て蔵王温泉へ。そしてドラマ主人公直江兼続の米沢城とその城下町を訪ねた。さらに足を延ばして上杉謙信の居城であった上越市の春日山まで、今回の欲張り旅行は、思わぬ長距離ドライブとなった。


サムネイル1 サムネイル2 サムネイル3 サムネイル4 サムネイル5 サムネイル6

ドライブライン

<コース>
仙台−(東北自動車道)−古川IC−(国道47号線)−鳴子温泉−(県道28号線)−銀山温泉−(国道347号線)−尾花沢市−(国道13号線)−上山市−(県道21号線)−蔵王温泉−(国道13号線)−米沢市−(国道121号線)−裏磐梯−会津若松市−(磐越自動車道・北陸自動車道)−上越市
全行程 約600km

ルート付近のリンクポイントをクリックしてみてください

<ルート付近のリンクポイントをクリックしてみてください>



●岩出山と伊達政宗

仙台市より北へ約50km、東北自動車道古川ICを出て国道47号線を鳴子温泉方面へ約10km、宮城県の北西部に位置する大崎市に岩出山(いわでやま)の町がある。古い民家や商店などを残す町の中心部は、電気、電話線のケーブルを地中に埋め、電柱は取り払われている。かつての町並の面影をいくらかでも取り戻そうと整備がされていた。

東北道・安達太良山を見て
東北道・安達太良山を見て
(画像をクリックすると拡大写真を表示します)

岩出山駅前
岩出山駅前

この地に勃発した一揆を、豊臣秀吉が伊達政宗の煽動によるものとし、米沢城主であった政宗は城の明け渡しを命ぜられ、この岩出山に転封となった。
昔から米の産地と知られる岩出山は、室町時代から「岩手沢」と呼ばれていたが、天正19年(1591)伊達政宗が、この地に居城を構えてから「岩出山」と呼び名を変えた。慶長8年(1603)仙台に城を移すまでの12年間、この岩出山城を拠点として世の動静を睨み、時を待った。

城山公園から岩出山の町
城山公園から岩出山の町
岩出山城
岩出山城

伊達政宗像(城山公園)
伊達政宗像(城山公園)
岩出山城址は、町を見下ろす山の上にあり、現在は城山公園として整備されている。公園内には、コンクリート製の伊達政宗像がある。もとは銅製のもので仙台城跡に置かれていたが、第二次世界大戦時に金属回収令で銅像を失い、昭和29年(1954)小野田セメントの提供により「平和像」として岩出山に移設された。
公園から見渡す町には、政宗が整備したと伝えられる用水路「内川」の流れが見える。城の外堀の役目もあったが、いまは農業用水として利用されている。

●有備館

延宝5年(1677)岩出山伊達家二代宗敏が隠居所として建築したもの。元禄4年(1691)三代敏親の時には「春学館」として、旧仙台藩の家臣子弟の学問所となった。のちに「有備館」として四代村泰の時、岩出山城の断崖を借景として廻遊式池泉庭園を整備、池中に鶴島、亀島など4つの島に四季の花が絶えないように造られ、優美で静かな佇まいを今日に残している。
現存する茅葺きの書院造の建物は、日本最古の学問所建築であり、庭園と合わせて国の史跡及び名勝に指定されている。
/入館料 300円

有備館
有備館
(画像をクリックすると拡大写真を表示します)

有備館正門
有備館正門

庭園の池越しで見る有備館
庭園の池越しで見る有備館
サルスベリの巨木
サルスベリの巨木

●岩出山町と松尾芭蕉

大崎岩出山の天王寺追分は出羽街道と上街道の分岐にあることから、古来より交通の要所であった。伊達政宗の城下町として栄えた岩出山町はいくつもの古い住宅を今に残す。瓦屋根に改築された交番の隣には、松尾芭蕉の立像を発見。最近造られた真新しい像だが、この町も芭蕉との縁がある。
出羽越えにあたりこの地で一夜を過ごした。当時の宿「石崎屋」は現在の交番の通りを挟んだ信号前にあったという。かつて芭蕉が歩いた道を交番に尋ねると、年配の巡査が、地図を示しながら親切に教えてくれた。

今は廃屋となった蔵屋敷
今は廃屋となった蔵屋敷
塀に囲まれている場所が石崎屋跡地
塀に囲まれている場所が石崎屋跡地

芭蕉はこの町の観光の売りでもある
芭蕉はこの町の観光の売りでもある
岩出山町の芭蕉像
岩出山町の芭蕉像

町外れ、国道47号線を横断すると間もなく、一対をなした「天王寺一里塚」があった。塚から僅かに東へ下ると、奥州上街道一関と鳴子への「天王寺追分」へ出た。分岐点には江戸期に建てられた道標を兼ねた山神塔や「奥の細道」のルート図などが書かれた教育委員会の立て看板があった。
これより鳴子へはほぼ現在の国道47号線と重なる。

芭蕉のたどった旧街道の標示
芭蕉のたどった旧街道の標示
天王寺追分
天王寺追分

上街道が昔のまま保存されている
上街道が昔のまま保存されている
天王寺一里塚
天王寺一里塚

●鳴子温泉

芭蕉の「奥の細道」に「なるごの湯」と記されている鳴子温泉郷の歴史は古く、千年以上も遡る。平安時代には、火山性の爆発が発生したと「続日本後記」に記されている。その中で「雷響き震動昼夜止まず・・・・・・。温泉流れてその色漿(しょう)のごとく。加うるに山焼け、谷ふさがり石崩れる。さらに新沼を作る。沸く声雷のごとし」と記されている。

鳴子は鳴子町、川渡村、鬼首村の3町村を鳴子町といったが、平成18年の市町村合併で古川、岩出山など1市5町村とともに、大崎市鳴子温泉となった。鳴子が湯治客で賑わうようになったのは、江戸時代の後半から。温泉の湯量も泉質も豊富で、日本国内にある泉質11種類のうち8種類までもある。源泉は400近くあるといわれている。
主な成分は、ナトリウム、炭酸水素塩、塩化物、硫酸塩水、弱アルカリ性高泉(重曹泉)で、効能は一般的禁忌症以外ほとんどにあると、町の人は自慢する。
鳴子・滝乃湯
鳴子・滝乃湯

かつては情緒豊かな温泉街だったが、どこも似たような新旧大小入り乱れた建物と、ホテルや旅館に湯を引くパイプの多さが、温泉という非日常の夢を削ぐ。流行の足湯や手だけを浸す手湯など、どこも同じである。
国道47号線に架かる鳴子大谷橋の下を荒雄川の支流の大谷川が流れる。鳴子温泉と中山温泉の間、約6kmのV字状の峡谷は鳴子峡で、凝灰岩層を深さ80〜100m、幅10〜100mにわたり大谷川が浸食したもの。両岸には奇岩が林立する。遊歩道もあって新緑・紅葉時は、温泉とともに、峡谷美のスポットとして人気がある。

●鳴子のこけし

江戸時代の末、椀や盆などを挽く木地師たちが、温泉の土産として作りはじめたのがはじまり。描彩様式は芥子人形、張子人形など古来の人形の影響を受けている。東北各地に伝わるこけしは、土地により、顔形、模様などが多少異なる。呼び名も地方により「こげす」「こうげし」「きぼこ」「でこ」などという。昭和51年(1976)「こけし」に統一された。
こけしは子供の健やかな成長を祝う人形として全国的に知られている。

鳴子への国道。欄干にはこけしが
鳴子への国道。欄干にはこけしが
鳴子の土産はこけし
鳴子の土産はこけし

●尿前(しとまえ)の関

元和年間(1615〜1624)、山上の番所が尿前の遊佐氏屋敷の中に移され「尿前の関」といわれるようになった。見張りが厳重だった関所は、背景に万治3年(1660)の「伊達騒動」があった。この関所を名所にしたのは、松尾芭蕉である。
元禄2年(1689)5月15日(新暦7月1日)出羽街道中山越えに、ルートを変更したため、尿前の関を通過する通行手形を持っていなかった。鳴子から出羽の国への道は、旅人がめったに通らないので怪しまれ、取り調べに時間を要したところとして、奥の細道にある。
尿前の関
尿前の関

尿前の関近くの道標
尿前の関近くの道標
関所を後に尾花沢へと向かう道(徒歩)は、樹木に覆われ、昼なお暗い。
車は再び国道47号線へ。尿前の関から県道28号線への分岐まで、現在の国道では約10kmだが、昔は山中の踏み跡程度の道をたどって越えたというから難儀だったろう。この分岐点の近くには、芭蕉が日暮れて見つけた「封人の家」があり、そこに宿をとり「蚤虱馬の尿する枕もと」と有名な句を詠んだ。

●銀山温泉

大正ロマンの湯の町として知られる銀山温泉へは、新庄へ向かう国道47号線と分かれ、県道28号線へ入る。間もなく赤倉温泉を経て、道は狭く、その上、樹木に覆われ視界の悪い山の中へと続く。木々の間に見える山の上は屈強な若者に案内させ、尾花沢へと急いだ芭蕉と曽良が越えた出羽越えの難所、山刀伐(なたぎり)峠である。

銀山温泉。川を挟んで宿が建ち、車は入れない
銀山温泉。川を挟んで宿が建ち、
車は入れない

銀山温泉
銀山温泉
(画像をクリックすると拡大写真を表示します)


江戸時代に大銀山として栄えた「延沢銀山」に湧出した温泉。奥州街道より約12kmも入った山間部にあり、当時は尾花沢より1日がかりだった。明治に入り延沢銀山の衰退とともに人口は激減し、温泉も湯治客相手の湯端小屋ほどになっていった。しかも大正2年銀山川の大洪水で、ほとんどの旅館は流され、温泉の湧出量も減り、温度も下がった。
しかし、昭和元年(1926)に源泉のボーリングで高温多量の湯が湧出し、各旅館はこぞって銀山川の両側に、洋風木造多層の旅館を建てた。また橋や道路も整備され、尾花沢から自動車で30分の距離になった。

戦後は外観が洋風だった建物が和風に修復されたりしたが、木造三層、四層の旅館の軒の連なる温泉街が現在に至っている。昭和60年(1985)延沢銀山跡が国の史跡に指定された翌年「銀山温泉家並保存条例」を制定、風情ある旅館を観光復興にいかすことにした。その思惑が当たり、いまでは四季を通して人気の高い温泉町だ。

温泉街の奥には落差約22mの白銀の滝や銀抗洞などをみることができる。
白銀の滝
白銀の滝

●尾花沢

元禄2年(1689)険路山刀伐峠を越え、尾花沢の鈴木清風を訪ね、この地に10泊し、門人曽良とともに四句を残している。10泊のうち7泊をすごしたという「養泉寺」を訪ねた。
豪雪に備えて雪囲いがされた山門とお堂があり、その間には、この寺で詠んだ「涼しさを我が宿にしてねまるなり」の古い句碑があった。
かつては広々としたであろう寺の境内も樹木は切られ民家が迫り、のんびりとくつろぐ旅人の姿が重ね合わせ難い。
清風邸跡
清風邸跡

養泉寺の「涼し塚」の句碑
養泉寺の「涼し塚」の句碑
尾花沢の名物はスイカ。煮詰めたものは貴重品
尾花沢の名物はスイカ。
煮詰めたものは貴重品


●徳良(とくら)湖

芋煮会やハイキング・キャンプ場として市民の憩い場となっているが、この湖が「花笠音頭」の発祥地だと知ったのは、尾花沢市役所観光課を訪ねたことからだった。
大正8年(1919)灌漑用水地として、徳良湖築堤工事の際に唄われた作業唄「土搗(どつ)き唄」が、現在の「花笠音頭」となったという。その土搗きに合わせて即興でおどったのが「花笠おどり」で、5つの流派がある。いずれも昭和初期に民謡化され、尾花沢のみならず、山形を代表する唄と踊りとなったと教えられた。
花笠音頭はこの徳良湖を作る作業唄が元になった
花笠音頭はこの徳良湖を作る
作業唄が元になった


●蔵王温泉

米沢へ向かう途中、好天に恵まれ、蔵王山への標識に招かれるように上山市から国道13号線を折れた。かなりの上り坂だが、上山から蔵王温泉までは約20km、約30分の距離だ。ここでは蔵王山の景観と温泉を写真で紹介しよう。次回は「天地人」ゆかりの地、米沢へ。

山形から蔵王温泉への途中にひっそりと旧松應寺観音堂がある。国指定の重要文化財で、室町後期の建物
山形から蔵王温泉への途中にひっそりと
旧松應寺観音堂がある。国指定の
重要文化財で、室町後期の建物

ロープウェイで上がった所に大きなお地蔵さん
ロープウェイで上がった所に
大きなお地蔵さん


快適なコース。壮大な展望が開けている
快適なコース。壮大な展望が開けている
いろいろな顔に見える。樹氷はでき始めだった
いろいろな顔に見える。
樹氷はでき始めだった


蔵王温泉の共同浴場。熱い温泉が豊富に注がれていた
蔵王温泉の共同浴場。熱い温泉が
豊富に注がれていた

天童は将棋のコマ作りで有名
天童は将棋のコマ作りで有名



○ニッポンレンタカーの車種・料金

詳しくは車種・料金一覧表をご覧ください。

○宮城県、山形県内のニッポンレンタカー営業所

ニッポンレンタカー ホームページの営業所検索で、宮城県山形県の営業所リストをご覧いただけます。


大崎市公式サイト
大崎市のみどころ、食や物産、鳴子温泉郷などの温泉や宿泊、レジャー情報のほかグリーンツーリズムの案内もある。
尾花沢市観光物産協会
花笠音頭など四大まつりの紹介や銀山温泉、徳良湖、芭蕉ゆかりの場所などの観光案内が見られる。

取材:2009年1月