鎌倉コラム



鎌倉五山

第一位、建長寺。
第二位、円覚寺。
第三位、寿福寺。
第四位、浄智寺。
第五位、浄妙寺。
鎌倉の禅宗の一派である臨済宗の寺の格付け制度。鎌倉時代末期には次々と大寺院が建立され、北条氏が禅が伝えられた南宋にならって五山格付け制を導入した。
本来は官が任命した格式の高い寺へ昇格させるものだったが、初期は明確な制度とされていなかった。
室町時代に入って、幕府は京都と鎌倉の禅寺の中から伽藍などの大きさなどで五山の格付けを決めた。
当初は京都と鎌倉との間では上下関係が流動的だったが、現在のように対等に据えられた五山が定められたのは、後の足利義満(1386年)によってから。京都の南禅寺は別格として五山の上位に定め、両都にそれぞれ5寺がえらばれた。



鎌倉三大梵鐘

円覚寺の洪鐘(おおかね)
高さ2.59m、直径1.42m。東国最大の梵鐘。国宝。北条貞時の発願による。大和権守 物部重光の鋳造。
建長寺 の梵鐘
開基北条時頼による。(同じく物部重光の鋳造)
常楽寺の梵鐘
大船にある。