ニッポンレンタカーHOME > 旅のお役立ちガイド > ドライブガイド > 広島カキ料理と安芸・竹原
広島カキ料理と安芸・竹原
広島のカキ養殖がはじまったのは、いまから450年も前のこと。干潟に小石を並べてカキを附着させて育てるてるという方法から現代のいかだ式へと進歩してきた。いまは全国の生産の7割を占めている。
良質のカキが育つ静かな海、それでいて潮の干満の差が大きくカキには絶好の海だ。その上、周辺は瀬戸内海に浮かぶ美しい島々をはじめ、日本を代表す風光明媚な宮島がある。
また、国道31号線を東にドライブすれば江戸時代にタイムスリップしたような、古い格子の家並みを残す竹原の町がある。

冬はかきフェスティバルがいっぱい

●安芸津かき祭り

広島市から東へ国道12号線を約60km、安芸津町では殻つきの炭火焼き、かき雑炊、かきちゃんこ、それに生がきの試食から販売までかきずくし祭り。
○とき/平成10年1月18日(日曜日)
○問い合わせ/安芸津漁業協同組合/TEL 0846-45-0050

●玖波かきまつり

広島市から国道2号線を岩国方面へ約35km、大竹市玖波町で行われるかきまつりは焼きかき、かき飯の試食会にむきがき、殻つきかきの即売会だ。
○とき/平成10年1月25日(日曜日)
○問い合わせ/玖波漁業協同組合/TEL 0827-57-7034

●大野カキフェスティバル

国道2号線廿日市市より15km、宮浜温泉でかき料理、樽酒の即売と書きの大特価市が行われる。また温泉めぐりもこの日の人気のだしもの。
○とき/平成10年2月1日(日曜日)
○問い合わせ/佐伯郡大野町かきフェスティバル実行委員会/TEL 0829-55-2000

●広島かきチャリティバザ−ル

広島市内、広島マツダ出汐営業所前で開催。生がき、殻つきかきの即売や焼きかきの試食会など。
○とき/平成10年2月1日(日曜日)
○問い合わせ/広島市かき養殖連絡協議会

●呉と音戸町のかきまつり

呉市より音戸大橋を渡った音戸町では、いくつかの場所でかきまつりが開催される。いづれもかき料理の試食会と瀬戸内海産の魚介類が即売される。開催日の早い順から紹介しよう。

●音戸かきまつり

○とき/2月上旬
○問い合わせ/音戸漁業協同組合/TEL 0823-52-2561

●田原カキまつり

○とき/平成10年2月8日(日曜日)
○問い合わせ/音戸町田原漁協協同組合/TEL 0823-52-2900

●早瀬かきまつり

○とき/平成10年2月22日(日曜日)
○問い合わせ/音戸早瀬漁業協同組合/TEL 0823-56-0470


更新:1998年1月