ニッポンレンタカーHOME > 旅のお役立ちガイド > ドライブガイド > 信州白馬村の温泉
信州白馬村の温泉
白馬村には4個所の湯量豊かな温泉がある。内3か所は源泉が同じだが、どれも個性のある温泉だ。
松本市から大町までは新しい道路が開通、わずか30分の距離だ。これから先へは木崎湖、青木湖を眺めながら国道148号線を27kmでJR白馬駅前に着く。ここ白馬村は白馬三山(白馬岳、杓子岳、鑓が岳)をはじめ五竜岳などの雄大な山並みをその麓から朝な夕なに眺められる白馬村は日本のスイスといわれている。また白馬村はスキーのメッカとして有名。とくに来年は冬季オリンピックの開催地として道路やその他の施設の整備の工事も進んでいる。

●白馬の温泉

白馬八方温泉はげんせんが同じ3か所のうちの公衆浴場のひとつ。白馬駅より細野へ向かう途中、小さな小屋がけのような建物だが、開放的な露天風呂。駅からほど近いところにあるのがみみずく温泉だ。
JR白馬駅から八方入り口方面へ入り、最初の交差点を左へ曲がればすぐ。露天風呂ではないが大きなガラス張りの浴槽からは白馬三山が正面に見える。女湯からはスキージャンプ台がよく見える。
露天風呂で人気のある小日向の湯は八方文化会館から猿倉方面へ上がる途中にある。どれも湯は無色透明美肌に効果あり。また湯元がちがうが、同じ猿倉へ向かう道筋に3年前にオープンした倉下温泉がある。鉄分の多い黒褐色の湯。木の浴槽の露天風呂だが、半分は屋根月。いずれも入浴料は大人400円共通でTEL 0261-72-3066