ニッポンレンタカーHOME > 旅のお役立ちガイド > ドライブガイド > 箱根の山々と富士山

箱根の山々と富士山

ドライブライン

乙女峠からの富士山 まだ春浅い3月下旬、快晴に恵まれた日曜日、ビルの谷間に白く輝く富士山の嶺をみて“箱根へ行こう”と思い立った。
山頂から、街中から、車窓から富士山が見えると「あっ、富士山だ!」と誰もが特別なものを発見したかのように心が躍るものである。現在は高層ビルや大気汚染などで富士山の見える範囲は狭くなったが、約半径200kmもの範囲からはっきりと見られるという。当然、山や谷などで遮られるところもあるが…。
こうしてあらゆる角度や距離から眺められる富士山だが、富士の雄姿を見るには、やはり箱根からだろうと、東名高速道路を御殿場へと向けて車を走らせた。折しも、間もなく週末は高速道路料金も一律1,000円(大都市圏と一部車種を除く)となる。今年もドライブの季節がやってきた!


サムネイル1 サムネイル2 サムネイル3 サムネイル4 サムネイル5 サムネイル6

ドライブライン

<コース>
首都圏−(東名高速道路)−御殿場IC−(国道138号線)−乙女峠−湖尻−駒ヶ岳−箱根町−十国峠−三島−(国道1号線)−芦ノ湖スカイライン−箱根スカイライン−長尾峠−御殿場
行程 約350km

ルート付近のリンクポイントをクリックしてみてください

<ルート付近のリンクポイントをクリックしてみてください>



●東名高速道路からの富士山

穏やかな風、抜けるような青い空に恵まれた日曜日の高速道路は行楽地へ向かう車で、込み合っていた。厚木を過ぎるころから見え隠れしていた富士山は、大井松田付近から次第に大きくなり、純白の頂が青空にくっきりと浮かんできた。
やがて足柄SAへの道を大きくカーブしたその先に、まさに秀麗なる富士の全容が姿を現した。流れる車はどれも速度は落とさないが、皆、フロントガラスいっぱいに広がる富士の雄姿に感嘆の声を上げながら、走っているに違いないと思った。

東名高速大井松田付近
東名高速大井松田付近
(画像をクリックすると拡大写真を表示します)

東名高速足柄付近
東名高速足柄付近

足柄SAからは、目の前に構えるように聳える富士の姿があった。しかし、残念ながら、ずらりと並んで駐車したトラックと、幾本もの電線、さらに樹木に妨げられ、カメラを向ける気持ちも失せた。

●箱根山

神奈川県足柄下郡箱根町を中心に、静岡県にまたがる火山の総称で、富士箱根伊豆国立公園に指定されている。中央の火口丘と二重の外輪山で構成され、カルデラ湖である芦ノ湖がある。大涌谷などでは、現在も火山活動が見られ、山腹や山麓には多くの場所で温泉が湧出している。
湯本、強羅、大平台、宮ノ下、早雲山、塔ノ沢など全国に知られた温泉地は、他を含めて箱根十七湯といわれ、古来より湯治場として栄えたが、明治以後高級リゾート地として開発が進み、景勝地として観光開発も活発に行われてきた。

●乙女峠の富士山

御殿場ICを出て、国道138号線をコーナーの連続する坂を辿ると乙女峠。駐車場、売店及びトイレなどの設備があり、眼下の御殿場から目で追うと富士山の大きさに圧倒される。箱根外輪山にある富士見三大峠ともいわれている標高1,105mの乙女峠の旧道は、これより約徒歩30分のところにあり、ハイキングコースにもなっている。
乙女峠からの富士山
乙女峠からの富士山

「団子より富士山」です
「団子より富士山」です

その昔、仙石原に住む娘が父親の病気を治そうと、峠の地蔵堂に願掛けを行った。満願の日、父親の病は治ったが、娘は雪に埋もれて死んでしまった。娘の霊を哀れみ、誰言うともなく乙女峠と呼ぶようになったという。
昭和39年(1964)トンネルが開通し、多くの人はこのドライブインから壮大な富士山を愛でる。車から降りた人々は、一斉に富士山に向けて携帯電話をかざす。バスが駐まると、あたり一帯にガシャ・ガシャというシャッターの音が響く。

●仙石原

標高1,213mの金時山(足柄山)を中心とする古い外輪山と中央火口丘小塚山(853m)、台ヶ岳(1,054m)の山麓の間に広がる火口原。標高650〜700mのところにある。
源頼朝がこの雄大な原野を見て「ここを開墾すれば一千石の米が採れるだろう」と言ったのが、この地名の起こりだと紹介文にあった。
晩秋はススキの名所として有名で、芦ノ湖から流れ下る早川沿いの一部には、湿原が残り「仙石原湿原植物群落」として国の天然記念物に指定されている。
仙石原
仙石原
(画像をクリックすると拡大写真を表示します)


●箱根駒ヶ岳

駒ヶ岳へのロープウェイ。101人乗りです
駒ヶ岳へのロープウェイ。101人乗りです
駒ヶ岳からの展望
駒ヶ岳からの展望

富士山と芦ノ湖展望(駒ヶ岳)
富士山と芦ノ湖展望(駒ヶ岳)

箱根園から標高差約600mの山頂付近まで空中ケーブルで7分間で上ることができる。さらに、徒歩10分で標高1,356mの箱根神社元宮のある山頂まで簡単に登れる。
眼下に芦ノ湖、目の前には雄大な富士山があり、その展望はまさに絶景。周囲は360度の大パノラマで、箱根の山々はいうに及ばず、駿河湾から南アルプスまで見渡せる。
/ケーブル料金 1,050円(往復)、TEL 0490-83-6473

駒ヶ岳からの富士山
駒ヶ岳からの富士山
駒ヶ岳からの富士山
駒ヶ岳からの富士山

●大涌谷

駐車場からの大涌谷
駐車場からの大涌谷
大涌谷
大涌谷
(画像をクリックすると拡大写真を表示します)


芦ノ湖と並ぶ箱根を代表するビューポイントだ。山肌のいたるところに噴気が上がる。約3000年前の水蒸気爆発によってできたもの。かつては「地獄谷」といわれていたが、明治天皇・皇后の行幸啓に際して呼び名を大涌谷と改めた。
噴煙地の下には延命地蔵尊が祀られている。千百余年前弘法大師が、噴気烈しく熱泥たぎるこの一帯を、さながら地獄の様相と心を痛めた。そしてこの地に地蔵菩薩を刻み、地獄にあえぐ人々の救済を祈願したという。いまなお噴煙地には硫化水素が噴出している。登り口に注意事項が書かれているので一読しよう。

ロープウェイと富士山
ロープウェイと富士山
大涌谷のロープウェイ
大涌谷のロープウェイ

●黒玉子茶屋

地蔵尊より噴煙を目指して約15分歩いたところにある、地熱と温泉で茹でた卵が名物の店。今は大きな金属の箱に温泉を流し込み、約1時間ほどで黒くなった卵ができ上がる。真っ黒な殻を割ると真っ白な本来のゆで卵が現れ、硫黄の香りほのかな味がする。
この黒玉子とは、硫黄と鉄分が卵の殻に結びついて黒く変色するのだそうだ。1個食べると7年、2個食べると14年寿命が延びると言われ、延命長寿の黒玉子だ。観光客の多くが、その場で熱い殻を剥いて食べている。空高くのぼる噴気が風に揺らぐ間からみる富士は、ひときわ大きく見えた。5個入り袋で500円。
/問い合わせ 奥箱根観光、TEL 0460-84-9606

噴煙の上がるところに黒玉子茶屋
噴煙の上がるところに黒玉子茶屋

名物・黒玉子は右の四角い釜で約1時間茹でる
名物・黒玉子は右の四角い釜で約1時間茹でる
黒卵。5個入り500円。バラ売り無しでした
黒卵。5個入り500円。
バラ売り無しでした


●箱根スカイラインと芦ノ湖スカイライン

芦ノ湖スカイライン。富士山をともにするドライブだった
芦ノ湖スカイライン。富士山をともにするドライブだった

御殿場方面から長尾峠に上り、芦ノ湖北西の湖尻峠までの約5kmが箱根スカイライン。湖尻峠から箱根峠、国道1号線までの芦ノ湖北岸に連なる全長約11kmが芦ノ湖スカイラインとなる。杓子峠、三国峠、芦ノ湖展望所などに車を駐められる展望所がある。
箱根の外輪山を縫い、富士山や芦ノ湖の全景を眺めながらドライブを楽しめる。ドライバーにとっては、一本の道の異なる名称に意味はないが、それぞれ運営会社が違う。したがって料金所が2ヶ所あり、箱根スカイラインは普通車350円、一方の芦ノ湖スカイラインは600円である。

長尾峠へのビューポイント
長尾峠へのビューポイント
芦ノ湖展望台へ
芦ノ湖展望台へ

芦ノ湖展望台から
芦ノ湖展望台から
芦ノ湖
芦ノ湖

杓子峠
杓子峠
(画像をクリックすると拡大写真を表示します)

三国峠
三国峠

芦の湖畔
芦の湖畔より富士山を望む
湖畔でお弁当。長閑な日和でした
湖畔でお弁当。長閑な日和でした

芦ノ湖には釣り人の姿も
芦ノ湖には釣り人の姿も
ボートも賑わいだしていました
ボートも賑わいだしていました

環境省箱根ビジターセンター
環境省箱根ビジターセンター
箱根のジオラマ(箱根ビジターセンター)
箱根のジオラマ(箱根ビジターセンター)

両スカイラインにみどころは沢山ある。どこも走る角度で変わる富士の山と広がる裾野、眼下に芦ノ湖の全容を眺める。箱根峠からはフロントガラスに、湖尻からならバックミラーに威風堂々たる富士の姿を見ることができる。ここは南には駿河湾が遠望できる絶景のドライブコースだ。御殿場〜長尾峠の途中にある展望台からの富士も素晴らしく、箱根峠から足をのばし、十国峠からの富士山もまた良し。

十国峠への道
十国峠への道
十国峠
十国峠

錦田一里塚(三島市)
錦田一里塚(三島市)
山中城からの富士山
山中城からの富士山



○ニッポンレンタカーの車種・料金

詳しくは車種・料金一覧表をご覧ください。

○神奈川県、静岡県内のニッポンレンタカー営業所

ニッポンレンタカー ホームページの営業所検索で、神奈川県静岡県内の営業所リストをご覧いただけます。


箱根へようこそ
箱根町のページ。箱根のみどころ、祭、季節の話題や「秀吉小田原攻め」、「芦の湖の逆さ杉」などの歴史も紹介。
箱根彫刻の森美術館
美術館へのアクセス、展覧会情報、VRMLギャラリーなど。視野を変えられる「トンボビュー」で疑似体験。

取材:2009年3月