ニッポンレンタカーHOME > 旅のお役立ちガイド > ドライブガイド > 箱根で迎える2000年

箱根で迎える2000年



西暦2000年の初日の出はここで

首都圏近郊で初日の出を迎える場所としては、千葉県外房が最東ということで盛り上がっているが、筆者はあえて箱根を選んだ。
東名高速海老名パーキングから、新雪をかぶった富士山が青い空のなかポッカリと浮いているのが見えた。やっぱり富士山は日本一の山。太宰治ではないけれど、「富士山はいい」と思った。とくに日ごとに白さを増す初冬にかけての富士山は立派だ。
富士山を仰ぎながらのドライブ、そして駒ヶ岳の山頂は、遠く相模湾に昇る2000年の初日の出を迎えるのには絶好の場所だ。駒ヶ岳山頂へのロープウェイは元旦も朝5時30分から運行される。




東京−(東名高速)−御殿場−(国道138号線)−仙石原−(国道1号線)−元箱根−箱根園
全行程 約280km




<ルート付近のリンクポイントの地名をクリックしてみてください>



●乙女峠

御殿場ICを出ると一気に乙女峠への道を上る。すでに葉を落した梢の間から富士山の頭が見えたと思う間もなく、その全容がまるで覆いかぶさるように聳え、眼下には御殿場の町が箱庭のように広がる。
間もなく辿り着いた峠の駐車場にはすでに、この雄大な富士を見ようと、沢山の車がとまり、人々が思い思いにカメラを向けていた。太陽が頭上にあり、まだ陰影のない富士山だが、その堂々とした雄姿に誰もが感嘆の声を上げている。
乙女峠の近くには公営の「御殿場市温泉会館」がある。宿泊設備はないが、浴槽からは仕切のないガラス張りの大きな窓から富士山の全容と御殿場市内を望める。とくに夕方から夜にかけて刻々と色が移り変わる富士の全容と、御殿場市街の夜景を湯船の中からゆっくり見ようと、わざわざ東京からこの温泉だけを目的に訪れる人もいるそうだ。
元旦も営業しているということなので、ぜひ寄ってみたいところだ。
/開館時間 10:00〜20:00(入館は19:30まで)
/TEL 0550-83-3303

●仙石原

乙女峠から約8km、国道1号線を右折、芦ノ湖へ少し辿ると仙石原だ。
外輪山や台ガ岳に囲まれた標高700mほどの湿原の多い高原。夏はお花畑や湿原の植物で彩られ、秋は銀色に輝くススキの原のススキの群生を楽しむ人々が大勢訪れる。
ここから金太郎伝説で有名な金時山に登るルートがあり、他にいくつか登山ルートがあるが、仙石原からのコースが約1時間20分で一番の最短コースだ。
金時山頂上からの眺めのすばらしさには定評がある。芦ノ湖を眼下に、神山、南アルプスと360度の大パノラマ。もちろん富士山を仰ぐにも絶好のポイントだ。
山頂の茶屋には40年以上も毎日、麓から登ってくるという3代目の“金時娘”が登山者の面倒をみてくれる。
毎年初日の出に金時山に登る人も多いが、往復3時間の登山であることを念頭において、歩きやすい靴と防寒衣、それに山の天気は変りやすいので、雨具も用意したい。

●元箱根

芦ノ湖畔の町、元箱根は箱根の観光地の中心のひとつだ。
「箱根の山は天下の険」とうたわれた峠越えの難所という地形的な厳しさに加え、ここは厳しい取り調べのあった“箱根の関所”があったところ。
「昼なお暗き杉の並木」はいまも300本の古杉の木立を残し、鬱蒼とした雰囲気の中に関所跡もある。隣接する資料館には、江戸時代の旅の様子や積商の仕組みを伝える資料が展示されている。
また近くにある石仏、石塔の並ぶ鎌倉時代の“賽の河原”、旧街道の石畳など史跡も多い。芦ノ湖を周遊する遊覧船の発着場でもある。

●箱根神社

芦ノ湖に浮かぶ朱塗りの大きな鳥居から社殿までは杉の大樹の中に続く石段を上る。
ここは奈良時代の末期、箱根山中にあった神宮3寺社を万巻上人が統一して創建したという箱根神社だ。
参道途中の宝物殿には重要文化財の“箱根権現縁起絵巻”、曽我五郎が使った赤木柄短刀、それに関東最古の肖像彫刻、万巻上人座像などがある。
毎年大晦日から元旦にかけて花火が打ち上げられることでも知られている。2000年を意識した特別の行事はないが、湖畔を彩る打ち上げ花火に自分なりの2000年へのカウントダウンを楽しむのも良いだろう。
/境内は拝観無料/宝物殿入館料300円/無休
/TEL 0460-3-7123/駐車場あり

付近には芦ノ湖に張り出した半島を利用した 恩賜箱根公園 もある。

●駒ヶ岳ロープウェイ周辺

駒ヶ岳ロープウェイの乗り場下に広がるレジャー施設「箱根園」。ここには箱根水族館をはじめショッピングからレストラン、ファーストフードなどがあり、湖畔で水遊びをしたり、ボートも楽しめる。
箱根園水族館では芦ノ湖に棲息する魚から、世界各国の淡水魚150種、約2000匹の魚を見ることができる。これほどの淡水魚を集めているのは日本一という。
いくつかのテーマ別に分れた水槽には中国のオオサンショウオやアマゾンに棲む体長2mものピラルクやデンキウナギ、そのほかカナダカワウソ、バイカルアザラシなども飼育されているユニークな水族館だ。
/入館料850円/無休 /TEL 0460-3-1111(箱根プリンスホテル)

この園内にある 箱根プリンスホテル は箱根きってのリゾートホテルで、ドーナツ状の丸い建物はより多くの部屋から芦ノ湖が見渡せるように設計されている。

●駒ヶ岳

駒ヶ岳は標高1,327m。箱根火山最後の噴火で誕生した箱根火山群の一つ。
山頂には箱根神社の前身ともいわれる駒形権現がまつられている。
山腹は笹やシモンツケ草におおわれ高い樹木がないから、どこからでも雄大な景色を楽しめるが、とくに山頂からの眺めはまさに絶景。
眼下に芦ノ湖のほぼ全景を、目の前には富士山はもちろんのこと箱根外輪山、遠く相模、駿河湾から伊豆まで一望できる。天然のスクリーンで見る大パノラマだ。

●駒ヶ岳ロープウェイ

箱根園の広い駐車場の上にある乗り場から駒ヶ岳山頂までの全長1.8kmを、時速18km、約7分で上る。
定員は101人という大型のゴンドラだ。
ぐんぐん高度をあげて上ると芦ノ湖がみるみる眼下に広がり、箱根外輪山が目線の高さで迫ってくる。
ゴンドラの真下の森林の中にはコテージが点在、その森林を抜けると笹が一面に大地を覆う。ゴンドラから見ると、背丈の低い芝のようだが、実際には2m近くもある笹薮だそうだ。
富士山や駿河湾を望み案内のアナウンスを聴きながら、間もなく終点。
ここから神社のある山頂までは、徒歩5分の距離だ。360度のパノラマ。そこに昇る西暦2000年の初日になにを願うだろうか?
毎年多くの人が初日を拝みに訪れるが、とくに来年はより沢山の人がさまざまな願いを胸にロープウェイに乗ってこの山頂を目指すと予想されている。
/元旦は午前5時30分より運行/片道610円、往復1,030円
/TEL 0460-3-64731



○ニッポンレンタカーの車種・料金

詳しくは車種・料金一覧表をご覧ください。

○神奈川県内のニッポンレンタカー営業所

ニッポンレンタカー ホームページの営業所検索で、神奈川県内の営業所リストをご覧いただけます。


国際観光地箱根町
箱根町のページ。箱根のみどころ、祭、季節の話題や「秀吉小田原攻め」、「芦の湖の逆さ杉」などの歴史も紹介。
箱根彫刻の森美術館
美術館へのアクセス、展覧会情報、VRMLギャラリーなど。視野を変えられる「トンボビュー」で疑似体験。
富士吉田市
富士吉田市の公式ページ。観光情報などのほか、「トンボビュー」やパノラマなど富士山に関するさまざまな画像が見られる。
富士五湖Webインデックス
富士五湖ウィンドオーケストラが提供する、富士五湖地方関連サイトのリンク集。釣り情報や渋滞ポイントマップが嬉しい。

取材:1999年12月