ニッポンレンタカーHOME > 旅のお役立ちガイド > ドライブガイド > 日本ロマンチック街道(2)

日本ロマンチック街道(2)

ドライブライン

岩盤が大きく割れ、周囲から水が落ち込む吹割の滝 群馬県吾妻中之条から沼田、片品村、日光を経て宇都宮までの約150km、中之条から四万、沢渡温泉往復を加えて200km余りのコースである。
かつての交通の要であった中之条から、草津温泉と並んで群馬県では名高い四万温泉や、いまに残る養蚕農家、民話の路を辿りながら沼田市へと下る。
国道17号線を越え、農業の盛んな川場村を通り抜ける。片品村は尾瀬への道と分かれ国道120号線金精峠へと上る。男体山、中禅寺湖と日光国立公園の景観を眺めながらいろは坂を下り、長い杉並木を走り抜けて宇都宮へのドライブだ。


サムネイル1 サムネイル2 サムネイル3 サムネイル4 サムネイル5 サムネイル6

ドライブライン

<コース>
渋川−(国道353号線)−中之条−沢渡温泉・四万温泉往復−中之条−(国道145号線)−高山村−沼田−(国道120号線)−日光国立公園−今市−(国道119号線)−宇都宮
行程 約200km

ルート付近のリンクポイントをクリックしてみてください

<ルート付近のリンクポイントをクリックしてみてください>



●中之条町歴史民俗資料館

渋川より約25km、草津温泉への道の途中にあり、吾妻側沿いの開けた場所にある。昔から交通の要衝であった。残念ながら現在は、それらの歴史遺産は少ないが、古い神社仏閣など、かつての跡を残す町である。
町のほぼ中央にある資料館の建物は、明治18年(1889)に開校された旧吾妻第三小学校校舎の保存修理を行い昭和57年(1982)、生まれ変わったもの。
西洋風の白壁は明治時代の洋風学校そのままで、内部には原始から近世までの資料が約6,000点も集められ展示されている。1階は当時の教室のまま、明治から戦後のころまで使われた机や椅子、教科書教材などが展示され、見学者の中には懐かしく思い出される人も多いようだ。見学者が少ないときには、館長自ら案内してくれることもある。
/入館料 300円、TEL 0279-75-2111

中之条にある案内図
中之条にある案内図
資料館になっている旧・吾妻第三小学校
資料館になっている旧・吾妻第三小学校
(画像をクリックすると拡大写真を表示します)


●中之条町の遺産

町の中心部にある「道路元標」は大正8年(1919)に道路法が定められ、各市町村に一つ建てることとされた。ここを起点として各市町村との距離を測った。
当時、群馬県には206の町村があったが、現在残されているものは40基前後と聞く。中之条町道路元標も残った一つ。幅25cm、高さ30cmと意外に小さいものだ。
中之条の道路元標
中之条の道路元標

●町田家住宅

町の中を走る国道に沿って建つ。江戸時代末期の建物で、文化年間には総代の役職にも就いた町屈指の旧家。
一方、白井屋は、簡易裁判所前にある客室5部屋の旅館。明治初め中之条は町役場、税務署、裁判所、登記所などが置かれる官庁街となり、近隣の町村から訪れる人々を泊めた。通りに面した格子戸や「旅人宿」が当時の宿の面影をのこす。どちらも何も目印も看板もないので、興味のある人は町のひとに尋ねるとよい。

町田家。江戸末期の建物
町田家。江戸末期の建物
昔の宿の風情を残す「白井屋」。いまは営業していない
昔の宿の風情を残す「白井屋」。
いまは営業していない


●富沢住宅

町の中心部から北へ約15km、中之条市はずれの大道にある住宅。この地方の名主を勤めた旧家で江戸末期の建築。構造は、木造2階建て、茅葺き、入母屋造りの大型民家。建築の様式は養蚕農家で2階は養蚕に使われた。1階の半分を占める土間には4頭もの馬が飼えるようになっている。馬を使った運送業も営んでいたという。
大道は、金井宿(渋川)と須川宿(新治村)を結ぶ三国街道の脇往還であった。
吾妻川の増水などで本道が通れない時は、越後の米や味噌などを運ぶ人たちが、この富沢家の前を通過した。国指定重要文化財だ。
富沢住宅。大型養蚕農家
富沢住宅。大型養蚕農家
(画像をクリックすると拡大写真を表示します)


/問い合わせ 中之条町観光協会、TEL 0279-75-2111

●囀石(しゃべりいし)

富沢住宅のある大道の隣に「しゃべり石」という珍しい地名の村がある。樹高37mというモミの巨木で知られているが、落雷の火災により、幹の中は空洞となってしまった。しかし、樹勢は旺盛で南北18mもの枝を伸ばしている。「東の横綱」ともいわれるモミの木から100mほど下ったところに「囀石」という巨岩がある。この地方には「吾妻七ツ石」の民話があり、囀石もその一つ。
「その昔、この巨岩は、いまの倍もある大きさだった。この岩は敵討ちの旅をする人に、敵の居場所を教えたり、若い女性をからかったりと、とてもうるさかった。そこで侍が刀で2つに切った。2つになった石の一方は山を越え数キロ南の塩平村に飛んだ。悪いことに飛んだ石は口のある方だったので、ここでもうるさくしゃべり悪さをした」という。
落雷にも負けずモミの巨木
落雷にも負けずモミの巨木

面白い話だったので、口のある片割れ石を探そうと塩平へと走った。畑仕事をしていた老人に尋ねると、こちらでは「割れ石」というのだと教えてくれた。

しゃべり石。祠が上にある
しゃべり石。祠が上にある
しゃべり石の片割れ?といわれる「割れ石」(塩平)
しゃべり石の片割れ?といわれる
「割れ石」(塩平)


●沢渡温泉と四万温泉

暮坂峠を越えて草津に通じる要路であり、酸性の強い草津温泉で養生した人が、帰りに立ち寄ることが多かったという。有含硫化水素泉の無色透明の柔らかい湯として「草津の仕上げ湯」といわれていた。
古くは木曽義仲、源頼朝から以後、武士だけでなく高野長英(蘭学者)、文学者・歌人の若山牧水ら多くの文人墨客にも愛された歴史ある温泉だ。
沢渡温泉
沢渡温泉

四万(しま)温泉は草津、伊香保とともに上毛三名湯に数えられる温泉。「四万、よんまんの病に効く」といわれ、鎌倉時代から知られた温泉である。上信越国立公園の中にあり、三方を山に囲まれた海抜700mの位置にある。
元禄4年(1691)に湯小屋を建てたのがはじまりという積善館は昭和5年(1930)3階建て、前身・2階建ての山荘は昭和11年に建てられた。1階の浴場は、大正ロマネスク様式のアーチ形の窓を備えている。(国登録有形文化財)

四万の甌穴。水が深い穴を岩に穿っている
四万の甌穴。水が深い穴を
岩に穿っている

積善館は四万温泉の名物でもある
積善館は四万温泉の
名物でもある


四万川の奥、日向見温泉にある「薬師堂」はなかなか治らない病気を治し、苦しみから救ってくれると信じられている薬師瑠璃光如来が安置されている。(国指定重要文化財)

四万温泉の奥、日向見薬師堂は国指定の重文
四万温泉の奥、日向見薬師堂は
国指定の重文

中山三島神社の杉並木(高山村)
中山三島神社の杉並木(高山村)

●川場田園プラザ

沼田市街をパスして川場村へ。武尊山を背景に田園地帯が広がる村は、いま脚光を浴びている。県道64号線沿いの「川場田園プラザ」は関東では人気ランキングトップ、4年連続を記録している「道の駅」なのである。「道の駅」は誰でも自由に安心して立ち寄れる休憩所だ。(最近はキャンピングカーが宿泊地として長時間駐車するため、問題にされはじめた)
ただ、トイレや売店だけだった「道の駅」も、人々の価値観の多様化により、それぞれ個性的で面白い空間を演出するようになってきた。
平成10年に完成したという田園プラザは、面積5ヘクタールの敷地に地元農産物を扱うファマーズマーケットをはじめ、ビール工房、ミート工房などそれぞれ独立した建物で、こだわりの特産物を作っている。その他、レストラン、そば処もあり、敷地内に植えられたブルーベリーを無料で食べ放題という期間もある。ゆったりしたスペースや、公園のような雰囲気が人気の秘密かもしれない。

川場田園プラザは人気の道の駅
川場田園プラザは人気の道の駅
(画像をクリックすると拡大写真を表示します)

ブルーベリーのつみ取り
ブルーベリーのつみ取り

●吹割の滝

片品川の中流域吹割渓谷にある。国道沿いに駐車場やみやげ物店があり、そこから100段近い階段を下る。幅約30m、高さ約7mの滝だが、見上げるのではなく、水の落ちる滝を覗くのだ。V字型に浸食された岩の割れ目に川の水が吸い込まれるように流れ落ちていく。国の天然記念物に指定されている。手摺りも柵もないので水際には近づかないこと。

吹割の滝全景
吹割の滝全景
岩盤が大きく割れ、周囲から水が落ち込む吹割の滝
岩盤が大きく割れ、周囲から水が落ち込む吹割の滝

片品村には国の重要無形民族文化財の「猿追い祭り」がある
片品村には国の重要無形民族文化財の
「猿追い祭り」がある

片品村のモロコシ街道
片品村のモロコシ街道

●丸沼高原と日光白根山

日光白根山(標高2,578m)は奥白根を中心に前白根、五色山、など外輪山を有する活火山で、昭和27年が最後の噴火である。
丸沼高原から奥白根山頂付近までロープウェイがある。ロープウェイ終点には「天空の足湯」(無料)がある。この2,000m山頂付近までの日光白根ロープウェイは片道15分、料金往復1,800円。
/問い合わせ 丸沼高原リゾート事業部、TEL 0278-58-2211

ロープウェイから見る日光白根山
ロープウェイから見る日光白根山
ロープウェイ終点の足湯
ロープウェイ終点の足湯

●日光国立公園

古くから信仰の山として名高い男体山(標高2,484m)の山麓に広がる高原、湖沼や壮大な瀑布、そして渓谷の自然景観は、四季それぞれの彩りを添え、訪れる人に感動を与えてくれる。
また、世界遺産にも登録された東照宮、輪王寺(ドライブガイド「秋の日光東照宮とその周辺」を参照)をはじめ、数々の神社仏閣や歴史建造物もある。「日光を見なければ結構とはいわない」といわれるほど、日本屈指の観光地なのである。
日光・二荒山神社
日光・二荒山神社

男体山(二荒山)登山口。山がご神体
男体山(二荒山)登山口。山がご神体
日光白根山登山口の二荒山神社
日光白根山登山口の二荒山神社

濃霧に覆われた金精峠を越えると、少し視界が広がりだした。湯の湖畔へ着くころは、雨も止み霧の間から湖畔が姿を現した。火山による堰き止め湖だ。湖水に立つ数本の白い枯れた木や、葦に似た草の中にボートが浮かぶ。湖畔には日光湯元温泉がある。

滝、激流が湯の湖へと流れる
滝、激流が湯の湖へと流れる
湯の湖
湯の湖

●戦場ヶ原

男体山(別名 二荒山ふたらさん)の西側、標高約1,400mに広がる平坦地。男体山の噴火によってできた湖沼群だったが、長年にわたり土砂が流入し、湿原になった。その昔、男体山と赤城山の神様が争ったという伝説から戦場ヶ原と名が付いた。さまざまな動植物の宝庫として知られる。木道の遊歩道がある。

戦場ヶ原
戦場ヶ原
戦場ヶ原からの男体山(二荒山)
戦場ヶ原からの男体山(二荒山)

●中禅寺湖

同じ男体山の堰き止め湖、その母体ともいえる男体山を湖面に映す、標高1,250mという高地にある日本を代表する湖のひとつだ。湖上にはヒメマスやニジマス釣り、遊覧船での湖上巡りができる。湖畔には、湖の名の由来となった中禅寺があり、その近くにはフランスやベルギーなどの大使館別荘もある。

中禅寺湖と二荒山(男体山)
中禅寺湖と二荒山(男体山)
中禅寺
中禅寺
(画像をクリックすると拡大写真を表示します)


●竜頭の滝・華厳の滝・裏目の滝

竜頭の滝は、男体山の活動末期に噴出した軽石が形成したもの。大岩を噛むよう豪快な流れから竜の頭という名が付いた。

国道から少し離れた駐車場から約500m、渓谷沿いを歩く。かつては滝の裏側から水の落ちるさまを見ることができたが、明治35年(1902)滝の上部が崩壊し、いまは裏側から滝を見ることはできない。


華厳の滝は中禅寺湖から流れる唯一の流出口、大谷川にある滝。高さ97mの絶壁から落下、中段部分から十二滝と呼ばれる伏流水が流れ落ちる。直下滝と相まって壮大な景観をみせている。轟音とともに豪快に上がる水しぶきに、虹を見ることもある。

華厳の滝を後に、いろは坂を下り日光街道(国道119号線)を辿り宇都宮市内へと入る。ロマンチック街道の終点であり、始まりでもある宇都宮市内には、戊辰戦争(1868)の戦火で失われた宇都宮城の本丸の土塁と櫓が平成19年(2007)復元されていた。

宇都宮の二荒山神社
宇都宮の二荒山神社
新しく作られた宇都宮城
新しく作られた宇都宮城



○ニッポンレンタカーの車種・料金

詳しくは車種・料金一覧表をご覧ください。

○群馬県、栃木県内のニッポンレンタカー営業所

ニッポンレンタカー ホームページの営業所検索で、群馬県栃木県内の営業所リストをご覧いただけます。


群馬の観光情報サイト
温泉や開花情報、レジャー、味覚、スポーツ情報などが見られるほか、観光ナビネットで検索もできる。
日光観光協会
日光の四季の風景、各地のライブカメラ画像、みどころや宿泊施設情報、観光料金表などが掲載されている。

取材:2008年8月