ニッポンレンタカーHOME > 旅のお役立ちガイド > ドライブガイド > 日本ロマンチック街道(1)

日本ロマンチック街道(1)

ドライブライン

春から秋まで野反湖は花と緑、紅葉に彩られる 日本ロマンチック街道は、昭和62年(1987)小諸−軽井沢−草津−沼田を経て日光まで全長230kmが制定された。その後、周辺の市町村が参加、いつしかガッセ(ドイツ語で小径)ができ、長野県上田市から栃木県宇都宮市までの全長350kmがロマンチック街道と称されるようになった。 上信越高原国立公園、日光国立公園を結ぶ横断路といえる。そこには浅間白根・日光白根などの火山が創りだした湖沼、湿原などのある高原があり、今も残る城下町、温泉町、宿場町、門前町という変化に富んだ街道なのだ。

この名称はドイツのロマンチック街道に似た自然環境と、多くの作家や詩人が作品を残したところとしてロマンに満ちた街道という意味を込めて命名された。街道が制定された翌年(1988)にはドイツのロマンチック街道協会との姉妹街道を結んだ。

今回はこの350kmという長い街道を一度に走破したわけではない。ガッセ(小径)や街道から少し外れた場所へ寄り道しながら、時間をかけて走ってみた。したがって地図上の街道を順序通りではないが、ガッセを含めてこの街道のコース案内ができればと思っている。(以上を3回に分けて紹介する)


サムネイル1 サムネイル2 サムネイル3 サムネイル4 サムネイル5 サムネイル6

ドライブライン

<コース>
草津−六合村−野反湖−長野原
行程 約40km

ルート付近のリンクポイントをクリックしてみてください

<ルート付近のリンクポイントをクリックしてみてください>



●六合村

六合村は六合と書いて「くに」と読む。群馬県西北部吾妻川の支流白砂川に沿って入山、生須、小雨、太子、日影、赤岩の6つの小さい集落が点在する。明治33年、この標高600〜800mの6つの集落は山村合併にともない「六合村」とした。六合とは「古事記」からヒントを得てつけた名前とか。
多くの伝説、民話、史話を持ち山村の原風景をいまに残す数少ない村である。
道路沿いのロマンチック街道の看板
道路沿いのロマンチック街道の看板

六合村を北から南へ流れる白砂川
六合村を北から南へ流れる白砂川
六合村の庚申塔(塚)の中で際だつ生須の塔。3mを超す
六合村の庚申塔(塚)の中で
際だつ生須の塔。3mを超す
(画像をクリックすると拡大写真を表示します)


●野反湖

草津温泉から野反湖へは約30kmの山道だ。草津から標高差約500mを下り、六合村の集落をいくつか過ぎながら、再び標高約1,600mの野反湖を目指して上る。急カーブの連続である。原生林の中を行く国道405号線は、夏や紅葉時は交通量も多いのでスピードとハンドルさばきには充分注意しよう。

春から秋まで野反湖は花と緑、紅葉に彩られる
春から秋まで野反湖は花と緑、
紅葉に彩られる
(画像をクリックすると拡大写真を表示します)

野反湖畔の遊歩道
野反湖畔の遊歩道

野反峠を越えると碧い水を讃えた野反湖畔へと出る。上信越高原国立公園の中にあり、周囲を2,000m級の山々に囲まれた湖は、一見、天然湖のようだが、昭和31年(1956)東京電力のダム湖として完成した人造湖なのだ。かつては湿原地帯で、ところどころに池があり野反池と呼ばれていた。
夏、湖面に向う斜面には、赤いレンゲツツジや黄色のニッコウキスゲが一面に咲く。八間山側には、人の手によって栽培されたものだったが、春には楚々とした薄紫のシラネアオイの花が咲き、7〜8月にかけては高山植物の女王コマクサの花も観ることができる。
湖にはニジマス、イワナなどが放流され、釣り人を楽しませてくれる(入漁料1日1,000円)。湖の北側にはキャンプ場があり、国道405号線はここでプッツリと切れる。この幻の国道は信州秋山郷の切明温泉までは、険しい登山路があるだけ。野反湖湖畔には遊歩道があり、白砂山の他、上信越国境の登山基地でもある。

野反湖の白根葵は6月に咲く
野反湖の白根葵は6月に咲く
アザミの密を吸う蝶
アザミの密を吸う蝶

●花敷温泉・尻焼温泉

野反湖畔で行き止まりとなった国道405号線を戻ると、行きに目にしたはずの尻焼温泉方面へ標識に従ってV字のカーブを曲がる。最初に出合うのは、白砂川と長笹川の合流地点にある花敷温泉だ。

開湯伝説によると、源頼朝が猪狩をしていた時に発見したという。発見当時、桜の満開時期で湯の中が桜の花に覆われていたことから「花敷」の名が付いたとか。
旅館は現在2軒ある。その一軒の「関晴館」に大正11年10月19日に若山牧水が一夜の宿をとり「ひと夜寝て わかたち出つる山蔭の 温泉の村に雪降りにけり」と詠んだ。だが、残念なことに、この歴史ある旅館は今年8月いっぱいで閉めることになった。(別館は営業)
牧水も泊まり、歌を詠んだ花敷温泉の関晴館は8月で長い歴史の幕を閉じた
牧水も泊まり、歌を詠んだ花敷温泉の
関晴館は8月で長い歴史の幕を閉じた


花敷より少し奥に川そのものが温泉の尻焼温泉がある。長笹川の川底からわき出す温泉で、川の上下に堰きをつくって湯が溜まるようになっている。
江戸時代に発見されたそうだが、急峻な山に阻まれ、旅館が開業(3軒)されたのは昭和にはいってから。昔は河原を掘って尻だけ暖めたとか。お湯は温めだが、自然の川だから、日によって温度が違う。
河原に小さな湯小屋がある。ここは温泉が引かれていて熱めだ。

尻焼温泉
尻焼温泉
尻焼温泉の露天風呂。川そのものが湯で、まさに源泉掛け流し
尻焼温泉の露天風呂。川そのものが
湯で、まさに源泉掛け流し


●道祖神と昔道

山村の原風景が残る六合村には、道祖神が32もある。他に野仏や馬頭観音、牛観音などが、昔から同じ場所にあったもの、あるいは古道から移されたものなど今も道端に立つ。

草津や長野原への道、遠く信濃や越後へと続いた古道は、そのほとんどが樹木や灌木、クマザサに埋まり、知る人もすくない。
道祖神は疫病や悪霊を村に入れないための神で、村の境界や道の辻などに祀られた。時には村の中にもあったが、それは守り神であり、子孫繁栄などの意味もあった。村にある多くが男女仲むつまじく手を取り合う双体道祖神で、大半は江戸末期に建立されたものだという。
六合村・荷付場の道祖神(左)と観音堂
六合村・荷付場の道祖神(左)と観音堂

大仙の滝。落差20mで滝壺まで行ける
大仙の滝。落差20mで滝壺まで
行ける(世立)
(画像をクリックすると拡大写真を表示します)

世立西・天保3年、とっくりと杯
世立西・天保3年、とっくりと杯

●冬住みの里資料館

江戸後期には草津温泉には温泉旅館が建ちはじめ、宿を営む人々が草津の冬の酷寒を避けて、六合村で春を待った。冬の間だけ移り住んだことから「冬住みの里」と呼ばれるようになった。現在残るのはここ市川家だけ。
館長であるご主人は、郵便局を定年退職した平成7年(1995)から大きな2階建ての家と2つの蔵を資料館として公開している。
草津は江戸時代から武士や著名人など多くの人が訪れたところ。それらの著名人たちが残した書画、絵画、古文書をはじめ、当時旅館で使用していた磁器や漆器と多数の逸品が展示されている。品々とともに市川家の大きな家を支える巨木で造られた直径62mもある大黒柱は必見だ。
/入館料 500円、TEL 0279-95-3563

冬住みの里資料館の母屋ははガッシリとした建物
冬住みの里資料館の母屋は
ガッシリとした建物

群馬一の大黒柱。冬住みの里資料館、市川義夫さん自慢
群馬一の大黒柱。冬住みの里
資料館、市川義夫さん自慢


●赤岩集落

日本の典型的な山村風景が広がる地区にあり、幕末から明治にかけて養蚕が営まれていたところ。その古い養蚕農家が現存しているだけではなく、土蔵や小屋などを残す。通りに沿って各敷地内の古い石垣や庭木があり、山村の静かな佇まいを見せている。なかでも旧家「湯本家」は、木曽義仲の残党といわれ戦国時代から江戸にかけて、地方代々の有力者であった。
赤岩集落遠望。重要伝統的建造物群保存地区の指定を受けている
赤岩集落遠望。重要伝統的建造物群
保存地区の指定を受けている


江戸期には漢方医学の医者を輩出した。現在の建物は200年前に建造されたもの。シーボルトに学んだ蘭学者であり医学者でもあったが、幕府の政策を批判し投獄され、後に脱獄した高野長英をかくまったとされる「長英の間」が残されている。
赤岩集落と周辺の農地、御堂、神社、山林などを含めて平成18年(2006)重要伝統的建造物群保存地区に選定された。

長英をかくまった赤岩の湯本家
長英をかくまった赤岩の湯本家
長英をかくまった赤岩の湯本家
長英をかくまった赤岩の湯本家

●入山の豆腐屋と蕎麦屋

六合村は「道の駅」を除いて食事やお茶を楽しむスポットは、野反湖方面へ向かう入山地区引沼にある豆腐屋「喜久や」と蕎麦屋「野のや」の2軒しかない。2つの店は国道405号線を挟んで向かい合う。
どちらも地元産の材料だけを使う。六合村産の蕎麦、近くでマイタケ工場も経営する主人山本幸人さんは自ら蕎麦も打つ。奥さんとふたりで、季節の山菜も取り入れた材料のみを使う天ぷら蕎麦が自慢。六合村特産の花インゲンを使った大福やコーヒーも味わえる。
/野のや、TEL 0279-95-5478
引沼の蕎麦屋、野のやは、自家製黒舞茸、地物野菜、山菜の天ぷらが売り
引沼の蕎麦屋、野のやは、自家製黒舞茸、
地物野菜、山菜の天ぷらが売り


引沼の喜久豆腐は湯豆腐、厚揚げ、豆乳なども店で食べられる
引沼の喜久豆腐は湯豆腐、厚揚げ、
豆乳なども店で食べられる


一方、豆腐は群馬県産の大豆のみで、その日の分量しか作らない。持ち帰りはもちろん、店内では、湯豆腐、汲み豆腐、厚揚げ焼きなどが食べられる。また、主人山本昭夫さんが考案のさっぱりと甘く低カロリーの豆乳のアイスクリームもある。
共に、売り切れたら店じまいであり、原料の産地偽装などはない。

豆腐屋とガソリンスタンド(野反湖へ行く最後のスタンド)3軒の店が集まる引沼は、六合村きっての繁華街?だ。豆腐屋とスタンドの脇の県道を下ると、最近開業したばかりの「京塚温泉」がある。川沿いに塀で囲った露天風呂だけの素朴な湯。入浴料500円で豆腐屋とガソリンスタンドで鍵が借りられる。
/喜久豆腐店、TEL 0279-95-5258

●暮坂峠と若山牧水

中之条から六合村を通って草津を結ぶ標高1,088mの峠。「上野(かみつけ)の草津の湯より沢渡(さわたり)の湯越ゆる路 名も寂し暮坂峠」若山牧水は大正11年10月20日、草津、小雨、暮坂峠を越えて沢渡へ向かった。
この峠には、昭和32年(1957)に造られた「長かりしけふの山路 楽しかりしけふの山路」と『枯野の旅』の一節の碑とマントを羽織った牧水像が建つ。牧水は峠の景観に感動したというが、いまは樹木に覆われた舗装道路とレストランなどで情緒はない。峠越えは紅葉シーズンは見事だ。
暮坂高原の花楽の里。広々とした山間の高原だ
暮坂高原の花楽の里。広々とした
山間の高原だ


暮坂峠の牧水像・歌碑。多くの野仏とともに
暮坂峠の牧水像・歌碑。多くの野仏とともに
(画像をクリックすると拡大写真を表示します)

牧水清水
牧水清水

●長野原・吾妻渓谷と川原湯温泉

六合村と草津への分岐点となる長野原町周辺から川原湯温泉までは、計画着工してから半世紀も経つ八ッ場ダムの建設中で、片側一車線などの交通規制がある。完成するまでまだ7〜8年を要するらしい。最初の建設費の4〜5倍の一兆円がかかるとして何度も問題になりながらも造り続けるダムとしても有名なところ。
渓谷美を誇る吾妻渓谷の半分が水の中へと消える。そして「湯かけ祭り」で有名な川原湯温泉の半分までがダムに沈む。温泉の源泉は、ボーリングされ山の上へ運ばれ、旅館も移転を余儀なくされる。紅葉や新緑の美しい吾妻渓谷の大半を失う前に、ぜひ訪れておきたいものである。
吾妻川。八場ダムのため高い橋桁が建設中
吾妻川。八場ダムのため高い橋桁が建設中

川原湯の共同浴場「王湯」
川原湯の共同浴場「王湯」
川原湯のドライブイン。ここもダムに沈む
川原湯のドライブイン。ここもダムに沈む

川原湯神社
川原湯神社
六合村に近い長野原・林集落には群生する6月にカタクリが見事に咲く
六合村に近い長野原・林集落には
群生する6月にカタクリが見事に咲く




○ニッポンレンタカーの車種・料金

詳しくは車種・料金一覧表をご覧ください。

○群馬県内のニッポンレンタカー営業所

ニッポンレンタカー ホームページの営業所検索で、群馬県内の営業所リストをご覧いただけます。


群馬の観光情報サイト
温泉や開花情報、レジャー、味覚、スポーツ情報などが見られるほか、観光ナビネットで検索もできる。
六合村観光協会
六合村の自然、歴史・文化、おみやげ、宿泊・温泉施設などの情報が掲載されている。

取材:2008年8月