ニッポンレンタカーHOME > 旅のお役立ちガイド > 道々の拾いもの > 特別企画 総集編 > “収束の巻”
「結」〜収束の巻〜
座談会

●とき:2007年3月3日(土)午後7時〜10時
●ところ:ある温泉旅館の離れの一室にて
●登場人物(紹介コメント by MC)

MCアイコン
ライターアイコン
マルタンAアイコン
マルタンBアイコン
MC: この広告シリーズの全体ディレクションを担っていた人物。
人生も旅も、あてどなくさまようことを好む。
しゃべりたがる割には、あまり人の話を聞かないらしい。
ライター(ラ): 広告の企画・コピーライティングを担っていた人物。
山口で生まれ育ち、現在富士山のふもとに住まう。
植物と料理に精通している。
マルタンA(A): マルタンとは「○担」、つまり制作担当者ということ。
社内制作スタッフの中では社歴が最も長い。
仕事以上にお酒をこよなく愛する人物。
声は小さいが、人一倍親切。
マルタンB(B): もう1人の制作担当者。一番若いのに一番しっかりしていて、
仕事のみならず、家族計画でも先んじている。
自称グルメ(単に食欲に貪欲なだけか?)。
Vol.8「兵庫〜徳島編」
イラストづくり
B: はい。で、道迷った話ですけど…。
MC: 結局、これが最終号になってしまいました。
B: 最後も「人」(の絵)に落ち着きました。
ラ: ね。
MC: そのVol.8。ではマルタンBどうぞ。
ラ: 私このイラストすごく好きですよ。
B: 僕も。ライターといろいろ話してたんですよね。で、イラストいろいろ考えていて、こういうの、こういうのもあるんじゃないって。その中から決めていった。
MC: 「こう来たか!」というおもしろさがあったね。そこで…(※ここからは割愛)。
B: あれは大変だったんですよ。
ラ: あっ、これ「鍵」だったんだあ!
A: えっ!
ラ: 私はこれ「花」なのかと思ってた。
A: 鍵ですよ、ねえ…。
MC: まあ、イラストの解釈というのは、人によってこう様々ということで。
ラ: これまでずっと「花」だと。
MC: このイラストのチャームポイントですからね。
ラ: 恋人同士だから、花でも全然おかしくないでしょ。
B: 結果的には、僕らが伝えたかった「鐘の音」の世界を、コピーとイラストで表現することができましたね。過去と現在の世界を掛け合わせたような。そして結局、人で始まり人で終わるという。結果的に良かったかなあと。でも、実際の取材はちょっと大変でしたよね。
ラ: 遠かったですよね。ひとつひとつ(の道のり)が。




(険しい山道〜恋人峠より)
(見た目はいたって普通)

フライドオニオンSP

たまねぎサラダ

食べたもの1

食べたもの2
あま〜いタマネギ
ラ: あとは淡路島のタマネギですよね。
MC: 僕はマルタンBから報告聞いて、なんでタマネギをちゃんと拾っておかなかったの!って(文句言った)。
B: でも、淡路島のタマネギが気になったのが、結局二日目の昼時で。徳島に早く入らないといけなかったから、タマネギに突っ込む余裕がなかった。
MC: 「糖度12%(!)のタマネギ」、僕は結構食らいつくよ。
B: 食らいつきましたよ。ライターの詳細メモにもね、おみやげの種類とか書いてあって。
MC: でも絵的にはこれしかないんでしょ。
B: ああ、写真ですか。(と、WEB画面を見ながら)
MC: 食らいついたんだったら、その糖度12%のタマネギをちゃんと撮っておいてよね。
A: 前に(隣の部署の)K氏も行ってたじゃない。
MC: 淡路に(行ってたの)?
A: もともと実家が島根の方にある奴で、ついでに寄ったらしいけど。
MC: ふーん。(※あとで考えると、うなずいている理由が不明。“ついで”なの?)
A: おみやげに「タマネギカレー」もらったんだけど、いまだに家にある。今度試しに食ってみよう。(※良く考えると、タマネギカレーって、“普通”じゃない?)
ラ: うんうん。
MC: あま〜いんだ、じゃあ。
A: あま〜い、って話です、一応。
ラ: 最初は半信半疑だったんですよ。
A: そんなに甘いわけがないって?
MC: 僕タマネギ大っ嫌いなんだけど、「糖度12%のタマネギ」なら食ってみたいと思うよ。どんなもんなんだろうって。
ラ: 甘かったですよね。
B: だから、“あえて”WEBでは見せていないんです!
ラ: ビジュアルで甘さは伝えられないからね。
B: 実際に行ってみてもらわないと。ははは
MC: じゃあ、見た目は「普通のタマネギ」でいいんですか?
ラ: うんうん。
MC: でも、タマネギなりの「シズル」というものがあるじゃない。このタマネギのために淡路に行きたいって思わせるには、この写真にシズルは足りないよ!
B: だから、そのシズルを求めに行って欲しいんです、逆に。
MC: よく言うよ。この(WEBの)写真、「ハコ」しか見えないじゃん!!
B: ははは
MC: あとの写真も、「袋に入っている」やつじゃない。
ラ: それしかなかったのよね。
B: そう、それしかなかったんだもん。
MC: 一個買えばいいでしょ!
一同: ははは
MC: タマネギを持って帰ってきたって、腐らないでしょ。
B: 見た目は(普通の)タマネギなんだもん。
MC: 「モモイチゴ買ってきてね」って(僕が)頼んでおいて、(君が)これ買って帰ってきたら、まあ許すよ。
B: ははは。まあね、そういうオチはありですね。形もモモっぽいし。
MC: 「これがモモイチゴです」って。
一同: ははは
MC: 「え? マルタンBさん、ちょっとタマネギっぽいんですけど…。」みたいな。
今度は、たか〜いところ
B: 結局淡路島はタマネギ良かったけどなあ、と後ろ髪を引かれつつ、まあ徳島がメインだからということで。
ラ: 先を急ごうとね。
B: それで、徳島入って一発目が「渦の道」ですね。
MC: 僕もあそこは怖かったなあ。(※Vol.6〜8、取材に同行していない割にはいろいろ行っているMC)
B: なんでまたこの(高所恐怖症の)二人組であの道を歩かなくちゃいけないのかなと。
MC: 僕が行った時はちょうど「渦潮のピーク」の時だったんで、怖かったけど「見ないかん! 今見ないと一生見れない。」という思いに駆られた。
ラ: 渦はあまりなかったですね。
B: 時間的には看板に出てた時間と合っていたはずなんですけど。
ラ: 日にちのばらつきもあるんでしょうね。
MC: そうですね、時期とその日のうちの時間帯と、という感じで。
B: あれだけ「仕事だから!」と自分に言い聞かせて歩いた道はなかったです。
一同: ははは
MC: そんなに大ごと?じゃあどっちがいい。芸人はさ、あの「明石大橋」のケーブルのてっぺんとかを歩いたりするんだよ。
A: ああ、テレビでやってましたねえ。あれは怖いです。
MC: あれに比べたら、ここを歩くくらい、何てことないんじゃない? あれは俺できないよ。
A: 僕も絶対嫌だと思いました。(以下、テレビの映像を説明)
B: 車の中でもそのテレビを見た話をしました。
MC: あれはねえ、俺泣いちゃうよ。ていうか、たぶん体が動かないと思う。
B: そのオファーは最初から受けないでしょうね。(芸人として)売れなくてもいいから…。
MC: 正月にマカオタワーに行ったんですけど、ここにも外(=空中)に出れるところがあって、「冗談じゃない!」って思いました。
B: 話はずれますけど、マカオのどっかのレストランで…
(※本当にずれすぎているので、以下省略)






(モモイチゴの代わり?〜佐那河内産の“天草”オレンジ)

食べたもの3

食べたもの4
本命だったモモイチゴ
MC: 徳島編はこんな感じかな。
B: 徳島編では「モモイチゴ」の話がはずせない?
A: タブー?
B: 幻のモモイチゴ…。
ラ: 結論は「大阪の市場に行きなさい」と。
B: びっくりですよね。ショックでしたもん。
MC: 一応、MCとしては、モモイチゴの話はこう…、結局どうなったの?
ラ: 結局、契約栽培みたいな感じなんですよね。
B: 「地元の人が食えない」って言いますもんね。
MC: 佐那河内村の農協の直売所には行きました?
ラ: 行きました。
MC: 僕もかつてそこに行って駄目だった。
ラ: その直売所では時期的なこと(=その時はまだここで取り扱っていない)だけを言ってたんで、じゃあハウス(栽培しているところ)に行けば、直接生産している農家から何か拾えるかもしれないって思って。でも聞いてみたら、契約栽培みたいな感じで、「何とかさんが何とかさんのために作ってる」って世界みたいだから。たまたま聞いた人がモモイチゴ生産組合の長の方だったから、見せてはくれたけど。
B: 最初は「怪しい二人組」みたいな感じで見られてましたよね。農家のハウスの周りをうろうろしてたから。
一同: ははは
B: (しかも高価な)モモイチゴのハウスの周りをうろついてましたからね。
ラ: だけど、みなさん割と親切でしたね。
B: 「すいませ〜ん」て、いろんな人に尋ねました。
ラ: そしたらあそこにいるあの人に聞いてみなって。わざわざ呼びに行ってくれたりね。
四国の人もとっても親切でした。瀬戸内も親切でしたけど。
MC: なんてったって「佐那河内」だからね。読めるか!って感じだし。(※サナゴーチ)
B: それでモモイチゴ見たんですけどねえ。まだおっきいのが全然採れてない時期で。
MC: 見たの?モノを。
B: 見ましたよ。MCさんが言うほどのもんじゃなかったですよ。
MC: まだちゃんと熟してなかったんじゃないの?
B: できたやつはすぐに出荷しちゃうらしいんですよ。で、冬が深くなってくると、だんだん大きいのが採れるようになるって。
A: こんぐらいって言ってましたよね。
B: 僕らが見たのは、このくらいの普通の小さいやつだった。
ラ: これ違うんじゃない?(本当に)このハウス?ってね。でも、これがどんどん大きくなるって。
B: そう、その「違うんじゃない?」って思った(小さい)のがモモイチゴだった。
MC: ところで、“そのサプライズ”はないの?
B: へ?
MC: そろそろいいよ、ここに「モモイチゴ」出してくれても。
B: ???
MC: それは仕込んでないの?
B: じゃあ、この「モモ・ブドウ」で…。(※MC注:???)
一同: ははは
やっぱりモモイチゴが食べたい!
B: やっぱりホンモノは現地に行って食べないと。
MC: 俺食ったら感動するだろうなあ。(※MC注:もうかれこれ3年越し以上の願望)
B: インターネットで手に入りますよ。
MC: そういうのはいいんだよ。
B: 佐那河内で食いたいんですか?
MC: なんだろう? 東京で食べたくないのかもしれない。いや、“東京で買いたくない”んだ。
ラ: ふ〜ん。じゃあ、大阪の市場に(行ってみてください)。中央市場とか言ってたよ。
B: 中央青果かな。でも売っているのはどっかのデパートじゃないですか。
MC: あの直売所で食いたいなあ。
B: 時期が合えば、あそこで買えるには買えるって。
A: その時じゃないと駄目なんだ。
MC: いま、そういう「旬」があるものって、ある種貴重じゃないですか?
ラ: そうですよね。
B: 量も少ないって言ってましたし。
MC: だって限定された農家だけ(数十軒ほど)で作っているんでしょ。
B: あのために山道をひた走りましたからね。
ラ: 遠かったよねえ。
MC: でも、道は良かったでしょ。途中「棚田」とかなかった?
B: 僕らは(徳島市からではなく)脇町のほうから向かったんで、それがまたねえ、ほんとうは「間に合うかなあ」って内心どきどきしながら…。ライターとは和気あいあいとしゃべってましたけど、ひたすら必死で走ってました。
食べたもの5







まとめ?
B: 走った距離がすごいんですよね。(訪問先ごとの)間が長かったので。特に時間がかかりました。
ラ: しかも、山の中の細い道だったから。対向車がね、気持ちの悪いトラックが来たりとか。そうするともうバックするしかないという。
MC: 能登の時も走りましたけどねえ。
B: 能登の方が距離的には走ってました。
MC: 移動の平均速度的には「東北編」かな。もともと速いペースだったし、最後でレベルを底上げしてるし。
A: 気分的(基本的?)に、僕の運転も速いですからね。
MC: そう、ライターを見送る前から、速かった。 (その後話は脱線する。ライターが能登の上時国家で買った「クマ(よけ)の鈴」がとても効くと言う話に。それが一部の鳥たちには…)
B: じゃあ、東京で使えばカラス除けにも?
A: いや、逆に鳥が寄って来ちゃうんですよね。
ラ: ちっちゃい野鳥が寄って来ちゃうんですよ。
A: 音域が高いんですかね。
ラ: そう、高い。毎日鳥が寄って来る。
A: カー(と、カラスが集まる図を形態模写)。
(一同しばし沈黙…)
B: 結局まとめは、「カラスはカー、カー」で?
一同: ははは
MC: 俺いまどうしようかと思ってさあ、いろいろ話した挙句に、最終号の最後のコメントがマルタンAの「カラスはカー」って…。まとめが難しいなあ。
一同: ははは
MC: 僕らクレイジーだと思われるじゃない。
エピローグ
MC: とまあ、こんな形で、ざあっと1号から8号まで振り返ってみました。最後に全体的な総括を。まずは私から。
MC: よく8回続いたという思いもあるけれど、最初自分が(ひとりでライターと)行って、次に二人を連れてって、そしてマルタンA・Bが単独で取材して。それで「その次」がどうなるんだろうっていう楽しみがあったから、その点では本当に残念です。マルタンA・Bが、ゼロから「こうしてみたい」というのを形にしてみたかったから。もちろん地域的な制約はあるけど、その中で自由に自分たちのやりたいことを実現してもらいたいと思っていたので。あと、北海道をやり残してしまったことも残念でした。でも、こんなことができてよかったなあという思いもあります。微妙なところですかね。
A: 沖縄にも行きたかったですね。
MC: 沖縄はスペシャルで考えていたからね。
B: あとは(最終回目標だった)ハワイでしょうね。
MC: だから、これを「常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)」でやろうかという企画もあったよね。
B: ハワイは行けなかったけどお、という感じで。
MC: 60回続いたらハワイに行こうってライターと話していたから。
以下、山梨の旅話〜富士山頂を飛行機から見下ろす〜MCの自慢話〜マルタンBのバカ話(どうやらマルタンBの頭の中では、富士山の火口を上から見ると、マグマが煮えたぎっている絵になっているようである…。) ※ところで桜島の火山灰の別名称、知っている方教えてください。




「寄り道をする」という指令
MC: でもまあ、なんだかんだ言って、とても楽しかったです。こんなにおもしろい出張は、そうはないですからね。一方、つまづいちゃったのもここでしたけど…。いずれにしても、こういうのは仕事じゃないとなかなかできないですからね。
ラ: 寄り道のおもしろさみたいなものを伝えていこうとね。
B: 一番思ったのは、「寄り道」を目的にしちゃうと、(精神的に)きついなあって。
一同: ははは
ラ: そうなのよね。
MC: それはしょうがないじゃん。
B: もちろんそうなんですけど、やっぱり寄り道っていうのは、自然体で行っている時にふと立ち寄るのがおもしろいんだよなあと。
MC: 僕らは初回から痛感しているよ。まあ、それをやるのが仕事だから。
ラ: 「拾わなきゃいけない」というプレッシャーの中で取材に行っているからこそ、見えてくるものもある。普通の感覚で1泊2日で旅行に行っても、あんなには見えていないと思う。
MC: だから、疲れるし。きちんと残しておきたいのは、「遊びで行ってるわけじゃない」と。よっぽど通常の出張の方が気楽だね。これは「成果物」をちゃんと“探して”持ち帰ってこないといけないから。…と言うのをマルタンAのコメントにしておこうかな。
A: …ええまあ。(※怒り気味)
一同: ははは
ラ: ほんと、「拾えなかったらどうしよう」というのが常にありましたからね
B: とりあえず「拾いもの」の候補がひとつ見つかると、ほっとしますもんね。
ラ: そうそう。一個見つかるとほっとして、二つ見つかると「やれやれ」ってね。とりあえずこれで二個は(ネタが)できると。
MC: だから、楽しいところと、その反面の厳しいところと。
ラ: モモイチゴの時はどうしようかと思いましたからね。
MC: これはもう、(実際に)やってみないとわからないですからね。そういうことが改めてわかったのも、おもしろかったかな。
マルタンBとAのまとめ
MC: マルタンBとしてはどうですか?特記コメントを。
B: 特記コメントですか?
A: 富士山の溶岩は…とか?
一同: ははは
MC: 富士山の火口は赤いの?って。バカコメントで締めますか?
B: いやいや。
MC: マルタンAは?(※MC反省:結局マルタンBのコメントを聞いていない…)
A: 真面目な話としては、ただ車を貸しているんじゃないっていうところをみなさんに伝えたかった。車を貸している立場として、(以下、いいこと言っているのだが、いかんせんまったく聞き取れない…) そんな感じでいいすか?
B: ふふふ
MC: これはMCコメントにしておこう。
一同: ははは
B: えー。
A: 増やす(装飾する)のはいいですけど、減らすのは勘弁してください。
B: いろんなコメントが交換されてたりして…。
MC: 流れ的に(マルタンAのコメントとしては)難しいところがあるかと。
B: じゃあ、俺の火山は…。あれもMCにあげますから。これと抱き合わせで。
MC: ここでいきなり富士山の話になったら、狂ってると思われるじゃん。読者が不審になるよ。
B: もうすでに酔っ払っているという設定で。
MC: マルタンBはそれでいいよ。もう誕生日ワインをいっぱい飲んでるしい、って。
B: 一番残念だったのは、僕はデザイン事務所の人と同行できなかったことです。
ラ: そうでしたね。
A: 僕は逆にデザイン事務所の人と行けて良かったです。スムーズに進んだし。
MC: 僕はいまだにその「絵」が想像できないんだけどなあ。どんな感じだったんだろう。
A: MCが心配していたようなことは一切なかったですよ。
ラ: どんな心配してたの?
MC: マルタンAとその二人で一体どうなるのかなあと。
A: どういう雰囲気の取材で、車内でどんなやり取りをすることになるのかとか。でも、それなりに普通でしたよね。
ラ: ごく普通にやり取りしてましたよね。
A: “それ以外”は別の仕事してましたけど。まあ、その仕事姿をナマで見れたのは良かったなと。それまではMCから聞いてただけだったんで。




ライターの締め
MC: まあ、こんな感じで総括したんですけど、別途コメントをもらおうかなと思ってます。この座談会のノリだと、まとめにしても、多分に「面白さ」を主眼に置いちゃっているので。(※実際、あまり総括になっていないように思う。)
ラ: ? でも結局ね、この仕事って、ドライブの楽しさを伝えるというところですよね。目的地に速く確実に着くことがメインであれば、車である必要が全然なくって、やっぱりレンタカーとしてはドライブの楽しさを求めないとね。そのバックボーン(=受け皿)としてあるのがニッポンレンタカー、「ニッポンの道を知っているんだよ」というようなところだから。それを幹として、この枝葉のひとつがこのシリーズ広告だろうなという気がしている。よそのレンタカーと“なにで”差別化するのっていう命題に答えないとね。ハードのサービス内容の差別化も大事だし、一方ソフトのイメージにおける差別化も大事だし。それにはこういうことを積み上げていくしかないからね。ある種、外と内に対するコミュニケーションですよね。 だから、ほんとうはまだ始まったばかりなんだけど…。
MC: なんとなく形が見えてきた頃でしたからね。やっと、いい意味でスムーズに制作できる環境になってきた。
ラ: そうですね。
MC: また新しい形でやってみたいと思います。
ラ: これだけ楽しくやって、手間隙かけていたので、あのスペースの1誌の広告とWEBだけではもったいないなと思いました。ある種贅沢でしたね。その辺が次の課題かな。いくらでも派生させることはできるからね。
MC: はい。ではこの辺で「仕事編」は終わりにしたいと思います。もうこんな時間だし、ご飯食べに行きましょう。どうもありがとうございました。
A・B: ありがとうございました。
ラ: みなさまお付き合いいただいて、ありがとうございました。
最後に「編集後記」
マルタンA:
レンタカーというのは、ただクルマを貸すだけでなく、自由で快適な移動を提供するサービスだ。この企画での取材を通じ、クルマで「寄り道」することの楽しさを再認識することができたし、改めてこのサービスの素晴らしさを知っていただきたいと感じた。レンタカーが他の交通機関と異なるのは「点から点の移動」ではなく、自由にルートを選べる「面での移動」が可能なことだろう。「自分の道は自分で決める」まさに、オトナな移動手段である。
今回、総集編の甲州路では愛車が機嫌を損ねず最後まで走りきった。最近の遠出はレンタカーに浮気気味で不安だったのだが、今度は仕事でなく遊びでも連れていってやりたいと思う。(部長♪長期休暇いいですか?!) (308字)
マルタンB:
忙しいのに取材に快く応じてくれた人、笑顔で丁寧に道を教えてくれた人、おいしいお店を教えてくれた人、メニューに載っていないご馳走を作ってくれた人、わざわざ忘れ物を届けてくれた人…。今回のシリーズ広告の取材では、いろいろな「心遣い」に出会った。見知らぬ土地で初めて出会った人の「心遣い」は、とても新鮮で、そしてすごく嬉しかった。
こうしてあらためて思い返すと、出張取材を通して一番の“拾いもの”は、こんなちょっとした「心遣い」だったのかもしれない。そういえば普段近くにいる人からは、こんな「心遣い」をたくさんしてもらってるな。もっと周りの人に感謝しないとなぁ。
「旅」は、こんなことも気づかせてくれる。(305字)
ライター:
趣味は?と訊かれて「旅」と答えるほどの旅通でもないのですが、日々の暮らしの中で「小さな旅」を楽しむのは得意です。毎日通う駅までの道も、ちょっと時間に余裕があるときは、脇道にそれてみる。と、道端の雑草 が可憐な花をつけていたり、いつもの道とは違う匂いがしたり…小さな発見にワクワクします。
今回のシリーズ広告でも、そんな寄り道の楽しさをお伝えしたいと思いました。「道」の周辺は、発見の宝箱です。「その気」になれば、いろいろなものが見えてきます。そして「その気」になったとき、気ままにぶらりと立ち寄れるのは、自分がハンドルを握るからこそできる贅沢です。
どうぞ、皆さまのドライブに素敵な「拾いもの」がありますように。 (309字)
MC:
このシリーズ広告、構想が浮かんでから今に至る1年ちょっと、常に「衝動と感情と思考」が存在していた。不思議なエネルギー、大きな悦びや楽しみ、悩みや葛藤が常に付きまとっていた。そんな諸々の“1年間のフシギ”に対して、答えをくれたのが『真贋』(吉本 隆明 著.2007年)という本。時に人を喜ばせ、時には人を傷つけた「自分の利と毒」を思い返した。そして身分不相応ながら、私も吉本氏と同じモチベーションで制作活動をしていたことに気付いた。このシリーズを通じて1人でも多くの人の共感が得られたら、それで自分は十分幸せである。
さて、今のマイブームは「脳と心の作用」。感情・情動と呼ばれるものの中身、すなわち「なぜ人間は考えるのか」「なんで僕は旅に出たくなるのか」、そんなことを(また懲りずに)思い巡らせている。その答えのヒントが欲しくて、1冊の本を片手に、僕はまた旅に出る。
制作に携わったすべてのチームメンバーに対して、そしてこのシリーズを楽しんでいただいた読者のみなさまに対して、心より感謝の気持ちを伝えたい。どうもありがとうございました。
以上、最後の最後は、本の影響をすぐ間に受けて、シリアスな芸風で…。(499字 ※文字数、1人だけ反則)
≪おわり!≫
長きにわたってお目通しいただき、本当にどうもありがとうございました!!(一同)
番外編企画「甲斐の拾いもの」に進む「インデックス」に戻る