ニッポンレンタカーHOME > 旅のお役立ちガイド > 道々の拾いもの > 特別企画 総集編 > “意外な展開の巻”
「転」〜意外な展開の巻〜
座談会

●とき:2007年3月3日(土)午後7時〜10時
●ところ:ある温泉旅館の離れの一室にて
●登場人物(紹介コメント by MC)

MCアイコン
ライターアイコン
マルタンAアイコン
マルタンBアイコン
MC: この広告シリーズの全体ディレクションを担っていた人物。
人生も旅も、あてどなくさまようことを好む。
しゃべりたがる割には、あまり人の話を聞かないらしい。
ライター(ラ): 広告の企画・コピーライティングを担っていた人物。
山口で生まれ育ち、現在富士山のふもとに住まう。
植物と料理に精通している。
マルタンA(A): マルタンとは「○担」、つまり制作担当者ということ。
社内制作スタッフの中では社歴が最も長い。
仕事以上にお酒をこよなく愛する人物。
声は小さいが、人一倍親切。
マルタンB(B): もう1人の制作担当者。一番若いのに一番しっかりしていて、
仕事のみならず、家族計画でも先んじている。
自称グルメ(単に食欲に貪欲なだけか?)。
Vol.5「茨城・土浦編」
筑波編?
ラ: 次は“筑波”ね。ここで「ガマの油」買ったじゃないですか。2種類買ったうち、安いものの方がよかった。高い方がより本物なのかもしれないけど、なんかギトギトしていて。「メンソレータム」みたいな感じですね。
MC: Vol.5の話に入りますけれど。
ラ: MCさん日帰り出張だったのね。
B: “×2”ですもんね。
MC: それまでのやつと比べるとねえ。マルタンAと岩手行って、Bと能登行って…。その反動がね。
一同: あはは
B: 「凱旋帰国」とは言ってましたけど。
MC: ビミョーだったなあ。「つくばエクスプレス」くらいしか覚えていないからね。
ラ: 私も初めて乗ったけど、「あ、近いんだ。」と思った。
MC: 前から乗ってみたかったので、それはそれでよかったけど。
B: (この号で)MCは最後までこの「龍の地蔵」を取り上げるのを嫌がってましたね。
MC: ごめん、僕ずっとそこ(清滝寺)にいた猫とじゃれていたから。
ラ: ずっと猫と遊んでいたね。(写真右)
MC: あそこは「関与度ゼロ」だった…。
一同: ははは
MC: この猫の関心を引くことに集中していたから。まさか(広告が)ここになるとは思っていなかった。
一同: ははは
MC: なので全然準備してなかった。
B: もうひとつの候補は何だったんですか?
ラ: えーとね、
MC: 僕の中では「筑波山」だった。あのお、これですよ(と、WEB画面を確認)。あ、結局「筑波」を番外編にしちゃったんだ。水戸街道がメインだったから。
(麓より)

(山頂より)

(猫)
(やっほー)

(険しい道)

(その娘達)

(標高の割に怖い)
筑波山で出会った人々
MC: 筑波山は確かあれですよね。すごく“俯瞰して”見ていたような感がある。そういうところと、ハイキングしている人たちの季節感が(広告においては)違うよねと。僕的にはこれだったんだけど。
ラ: (山歩きが)しんどかったねえ。
A: 結構歩くの大変でしたか?
ラ: ロープウェーがあるからと油断していたら…
B: MCとライターで取材に行くときは、必ずそこに「山道」がありますね。そして歩いてますよね。
ラ: 一番最初の牧水の時だって、あの「生家の裏山」きつかったしね。
MC: まあ、「山人間」だからね。(本格的な)登山をしない割には、いろんな山を登るなあ。
ラ: 筑波山、本当に結構大変だったんですけど、重装備の人もいれば、あそこの山頂でベビーカーを押していた人もいたのには驚いた。
B: へええ。
ラ: よくやるわねえって感じで。
MC: ほんとにいろんな人がいましたね。下からランニングして登ってきた人もいたし。
ラ: そうそう、山の一番ふもとからね。私たちはロープウエーだったけど。
MC: それでこの娘達(写真左)なんかさあ、前の週に屋久島行ってたそうだし。
ラ: 完全に登山って感じだったね。
A: そういう女の子、いますよね。
MC: ひとりねえ、かわいかったんだよ。
ラ: あはは、ひとりだった?
MC: しかも、頂上で会った後で、もう一回会っちゃったからね。それで僕の心が動いた。
ラ: もうひとつの駐車場の方でね。
MC: ほんとうに一緒に帰ろうかと思ったくらい。
ラ: そうすればよかったのに。ははは
MC: でも惜しい。連絡欲しいんだけどなあ。このWEB(本編の方)を見てくれないかな。
この総集編で読者の方からご意見を募集する予定だけど、もしこの人から来たら、もう“即で”赤いクオカードあげよう。
一同: ははは
B: 京都といい、「女性二人組み」に会いますよね。
ラ: 京都は若すぎね。修学旅行の女子高生。
MC: その分野はマルタンAの得意分野で…
一同: ははは
雨と風土記の丘
MC: まあ筑波編は、あの(昼ごはんで食べた)うなぎ屋も含め、どうもね。
ラ: それこそね、車でラジオかけたって、「首都高速は順調です」みたいな世界だったから。
一同: ははは
ラ: どっか(遠くに)行ったという気がしないわね。
MC: むしろ、あの雨振っている時にいやいや行って、思いのほか面白かった「常陸の国風土記の丘」が、インパクトあった。
B: あの、大きな口のある展望台(のこと)ですね。
MC: 雨の中ね。でも、この一連の取材の中で、こんだけ雨降ったのはこのときだけでした。
B: MCさん、「晴れ男」と自認する割には結構…、天気悪いですね。
ラ: 宮崎でも降ったのよね。
MC: ちょっと待って。6回行って1回なら、すごいんじゃない?
B: え、宮崎は?
MC: 傘を差すまでは、いってないですよね。だからノーカン。この時はさすがに傘を差さないと駄目だった。
B: 本格的に降っちゃったんですね。
ラ: 降っちゃいましたね。
MC: 「やめときましょうかね。でも一応見るだけ見ておきましょうかねえ。」とか言いながら行ったら、思いのほかよかったのがここ(風土記の丘)。
(味は・・・)

長屋風の竪穴式住居兼工房

(展望台?)
(ガマ)

(初めて私に懐いたネコ様)
MCの悲しいまとめ
MC: 水戸街道は…やっぱり難しいですね。別に全然悪いところじゃないんだけど、でも「東京人としての旅心」という意味では…
A: いつでも行けるじゃないという。
MC: 多分、大阪や北海道の人が見たら、別にそんなことはないのだけれど、東京視点としては。
ラ: やっぱり旅は、そこにたどり着くまでの「助走」が必要なんですよ。それがないと旅じゃないもんね。
MC: 編集者的には気持ちが高ぶってこないんですよね。意識をそこに持っていこうとしても…。
〜以下、イラストの話に〜
MC: でもね、悲しいことにこれが僕の最後の…
一同: あはは
ラ: MCさんはそうなのよね。
Vol.6&7「しまなみ海道編」
Vol.6&7「しまなみ海道編」
(ソフト3種)

(はっさく)(しおなみ)

しまなみ海道の橋1
塩のアイス
MC: これでやっとMCに徹することができるんですけど、マルタンAにやってもらった「しまなみ海道」編へ。
ラ: これもおいしい旅でしたね、海の幸。
MC: 取材の時間軸でいくと「タコ」が先になりますが、諸般の事情でこちらがあとに。
A: パーキングエリア(因島の大浜)パーキングエリアに立ち寄って。
ラ: まずソフトクリームを食べましたよね。柑橘系の「はっさくソフト」を目当てに行ったら、真っ青な「しおなみソフト」があったりして、3人で3種類のソフトクリームを食べた。そしたら、その「しおなみソフト」が意外とおいしかったの。塩味の。
B: それが塩アイスだったんですね?
ラ: いや、それはまた別。「この青は何か」と思って。とりあえず「瀬戸内海のブルーよね」ということにしておいて。でも、お塩の(甘い)ものでこんなにおいしいんだってわかった。
MC: 「塩大福」のノリなんですかね。(※MC注:巣鴨では有名)
ラ: そうですね。
MC: 塩が甘みを引き立てているのかな。
ラ: そうそう。お料理でも隠し味として塩を入れるじゃないですか。あんな感じね。
A: …(※この間のマルタンAの発言が聞き取れず)…洋モノには塩に限る!
MC: ん??
ラ: 洋モノの甘いのには合わないイメージがあるけど。
B: マルタンAのモットーは、「僕は周りの人の“塩”になる」って。
ラ: 人を引き立てるってこと?
A: マルタンB、それは昔僕が朝礼で言ったことのこと?
B: ふふふ。「スパイス・オブ・ライフ」って。
MC: あれ?そのときマルタンBは朝礼いたっけ?
遅刻か休んでなかった?
B: いましたよお!
ラ: それで、あっちの公園で食べた「藻塩アイス?」が、逆に(ソフトクリームの材料とは違って)牛乳だけで作ったって。余計味が引き立っていた。
ほんとに、「みんなに食べてもらいたいなあ」って送ろうとしたんだけど、いかんせんここは島だから、(宅配便の)冷凍車が来ないから駄目だった。
MC: ここまで道(しまなみ海道)がつながっているのに?
ラ: うん、駄目なんだって。「よく言われるんですけど」って。だからここに来て食べてもらうしかないんですよって断られた。
アイス→イチヂク→デザイン事務所のVさん
A: そこの「亀老山公園」は、塩アイスもよかったんですけど、僕はイチジクの方が…
ラ: うん。生もドライもね。同行したデザイン事務所の人(※以下、Vさん)が大感激でね、「私が死ぬ前に食べたいのは生ハムとイチジク」だって。
MC: ふーん。そんなにイチジクが好きな人って僕は知らない。
ラ: あのイチジクはおいしかったけどね。
A: イチジクアイスがまたおいしかった。
B: 二個目のアイス?
MC: え?でも「イチジク」なんて、テーマ候補のネタにも挙がってなかったじゃん。
ラ: どっちみち季節的に駄目だからね。
A: 今回はデザイン事務所のVさんも同行していたから、もうその場で「これは絵になる」「ならない」って判断していたから。
MC: イチジクは絵にならないの?
ラ: なるんだけど、イチジクの季節じゃないから、(この広告を)掲載するときには。私たちが行ったときは、もうイチジクの最後の時期だったから。大体(旬は)夏場ですね。
B: デザイン事務所のVさんは、結局最初で最後の参加になってしまいましたね。
MC: 僕、Vさんからは「すっごい疲れた!!」という話しか聞いてないんだけど…
一同: ははは(大爆笑)
A: それは申し訳ない。
ラ: Vさんが疲れたのは、(取材が)ハードスケジュールなことに加えて、移動している車の中でもずっと、他の仕事のやり取りを電話でしていたから。そっちの疲れもあるでしょう。
B: そんなに大変なんだ。
A: ちなみに後席は、その人の移動オフィスと化していました…。
一同: ははは
MC: 忙しいねえ。でも、以前に比べたら帰りは早くなりましたよ。前よりは少し楽になったんじゃないですか?
(亀老山展望公園より)

(老いた亀?)

しまなみ海道の橋2
(宝物館の入口)

しまなみ海道の橋3

しまなみ海道の橋4
タカラモノいろいろ
ラ: そして(本題の)鶴姫ね。
MC: いままで、話題的にはVol.7の方(愛媛版)だったから…。でもまあ、どっちでもいいか。
A: 一番よかったのは、場所的にはさっきの話のところでしたね。
MC: でも、大山祇神社もよかったでしょ?僕もすごく気に入ってたし。
ラ: よかった。こっちの宝物館の方は、最初は「鎧と刀ねえ」ぐらいの感じで期待してなかったんだけど、あのきゃしゃな女物の鎧を見てね、あれにはびっくりした。「何だこれは?」って。
A: たまたまうちのじいちゃんがあの辺の出身で…。
ラ: あらそうなの?そしたら村上水軍はマルタンAさんの?
一同: ははは(※MC注:笑いの理由は担当者の名前の勘違い)
A: さて。そのじいちゃんは別の島の人なんだけど、死ぬ前にもう一回行きたいって。あの宝物館が昔からの自慢だったみたいです。(以下、全然話が聞き取れないので省略)
A: (もうひとつの建物の)あのくだらない感じがすごく印象的でした。
ラ: こわかったね。
A: いろんな“海物(海事)”の博物館で、舟のほかにも「干物」とかがたくさん並んでいて、その中の標本の中に宇宙人のようなものがあって。
ラ: 耳がこんなでね。(※想像してください)
A: 一瞬見た後、もう一回見直しましたからね。
MC: 僕があそこで一番印象に残っているのは「昆布」なんだけどなあ。昆布ってこんなにでっかいんだ! 昆布ってすごいなあと。
ラ: ふーん。
MC: 普段の「鍋」の昆布はこんな切れ端でしょ。だから、「昆布さんってこんなに偉大だったんですかあ」って。昆布の種類によっても大きさが違うし。昆布にもいろいろあるんだなあと。
ラ: 私は子供の頃から慣れ親しんでいたからね。
A: 利尻昆布は、海岸にずらっと並べて干しているのを見たことがある。で、さっきのやつは、わざわざこれを見せるためにデザイン事務所のVさんを呼んだ。
ラ: それこそ、他の仕事の真っ最中だったからね。
A: Vさん、博物館に関しては「ここはまず(大したネタは)ないでしょう」ってことで中に入らなかったですからね。
鈴を求めて
A: 鈴がなかなか見つからなかったんですよね。
ラ: そうね。道の駅とかにも探しに行ったりして。
A: 大山祇神社に行ったときも、鶴姫のことは全然考えていなかったですからね。
ラ: 当然予備知識もなかったし。
A: たまたま社務所でマンガを見つけて、「何この人?」と思ったら、鶴姫のことが描いてあって。こんな伝説になっている人なら面白いねって。そしたら鎧とかもあって、これいいねと。そして社務所に戻って聞いてみたんだけど、社務所の人は良くわかっていなくて。
ラ: わけわからなくて、それで道の駅に何かあるかなあってね。そしたら道の駅にも何も置いてないんですよ。レジの人に聞いたら、奥のほうから鈴が出てきたと。
A: はじめは店員の人と店をぐるっと回りましたね。探しても(見つから)なくて、結局レジの真下にあった。そこに飾ってあった。
ラ: ちゃんと「鶴姫の道」なんてものもあったね、川沿いに。
鶴姫

鶴姫の鈴

鶴姫ロード
校舎

(三つ小島)

(でーんと)
宿は学校?
MC: 宿はどうでした?
ラ: よかったですよ。
A: パッと見もすごく良かったし、海岸の眺めもよかったし。
ラ: 波の音が聞こえてくるようなね。それこそ「プライベートビーチ」って感じだった。目の前が誰もいない白砂で。校庭と海岸の境にシャワールームとかコーヒーも飲めるようなところがあって。お魚最高においしかったねえ。これもおいしい旅でした。「こんな値段でいいの?」ていうくらい。これであの値段でしょ。
A: ご飯も含めて、予算内で収まりましたからね。
ラ: しかもボリュームもすごくて。一品ずつでーんと。
A: とてもおいしかったですね。
MC: マルタンAのWEBからはその辺が伝わってこないんだけど…。
A: (苦笑い)
MC: ずっと言い続けるけど、取材の写真をデジカメに収めてないし…。わかんなければ言えばいいのに。俺のを貸してあげてたよ。
A: いや、一応持って行ったんですよ。
MC: 持ってったけどバッテリーなかったんでしょ。うちの部署のやつ。
A: ●×※*△★#$(※追い詰められているのでなおさら声が聞き取れない)
ラ: まあまあ、このときマルタンAさん、すごく体調悪かったから。夕食食べて、翌日の打合せをしたあと、もうすぐに寝ちゃったもんね。交代でお風呂入った後、Vさんが「マルタンAさん、電話してもノックしても起きないんですけど。」って。
A: ああ、声掛けてくれてたんですね。
ラ: でも夜中に起きて行ったんでしょ。
A: 打合せが終わったのが8時くらいで、お風呂まで本読んで待ってようかなと思ったら、熟睡しちゃって、食事のあと12時くらいに入りました。宿の人はもう誰もいなくて…
ラ: そうそう、あのあと管理人さんたちもう帰っちゃったみたい。鍵も何もないような世界で、校庭からは誰でも入って来れるような感じで。
A: 部屋の鍵しかなくって。
ラ: すぐ目の前が「廊下」だしね。(※MCいい加減に注記:この宿は、昔の学校を再活用したところなんです)
B: 部屋は普通なんですか?
ラ: 私たちが泊まったところは「保健室」。
A: ひとつの教室が二つか三つの部屋に分かれていて。
MC: みんなは結局「保健室」に泊まったの?
ラ: そうそう。
MC: なんか怖いね。保健室って。
ラ: それでご飯食べたとことが給食室?
A: 食堂でした。
ラ: 最後に案内してもらったのが「校長室」とかね。
ラ: それから、廊下にまで蟹がちょこちょこ歩いていたね。海がすぐそばだから
MC: まあ、ゴキブリが走っているより蟹の方がかわいいよね。
A: いや…、(※MC注:内容的に省略)
亀老山展望台アゲイン
A: 柑橘系の話を探しに行ったけど、いろいろ見てみた結果、………(肝心のところが聞きとれず、省略)。
「×××××(※あえて聞き取れなかったことに)」はひどかったですね。
ラ: 地方ではありがちな、「ハコもの」のつくりっぱなしってやつね。
MC: ハコものといえば、マルタンAのWEBの写真が寂しいから、自分が以前行ったときの写真を探していたんです。で、さっきの「(亀老山)展望台」ですよね、ちょうどマルタンAがこのWEBを制作している頃、たまたま参加したシンポジウムに隈研吾さんがいらして、話を聞いてたら、なんとその展望台をつくった人だっんだと。「ああそうだったんだあ」と思って。
ラ: そしてそこのサイン(標識類)は、取材に参加したデザイン事務所が手掛けたのよ。
MC: ああ、そうなんですか!
ラ: それで、同行したVさんが昔ここに打合せにも来ていて、「じゃあサインがどうなっているか見に行こう」ってことになって。行ってみたら、造ったときのまんまで全然メンテナンスができていなくって、サインがさびれてしまって、「ああ、こんなになっちゃったんだあ」ってがっかりしていた。
A: 編集会議のときにその話が挙がっていたんで、必ずあそこに立ち寄ろうと思っていた。
MC: ここのサインをやってたんだあ。
A: まだ橋が架かっていない頃の話でしたよね。
MC: そうしたら、隈研吾さんと一緒にお仕事されてたんですね。自分が行ったときには全然知らなくって、「何か変わった展望台だなあ」くらいしか思わなかった。あとでここの建築のいきさつをシンポジウムで聞いて、「ああすごいんだなあ」って感激した。ちょうど今、自然の木々が回復してきて、サインは確かに残念だけど、展望台は本来の(山頂としての)あるべき姿に戻ってきたみたいです。
ラ: 「山頂を削って展望台にしました」という(ハコもの的な)感じはなかったですね。
(×××××)

(サインの一例)

(“凹型”の展望台)
伯方の塩工場

伯方の塩羊羹

塩まんじゅう
伯方の塩はどこの塩?
ラ: あと、塩の工場も面白かったね。
A: 行きましたね。
ラ: トレイまでお塩が置いてあった。石鹸代わりに。
MC: それは何島ですか?
A: 大三島ですね。
ラ: 例の「伯方の塩」の工場。
A: 伯方島では作ってなかった。
ラ: 工場はこっちでしたね。それこそ大型バスが乗り付けてくるくらい。団体客がわあっと来てた。
MC: へえ。
ラ: 塩の製造工程なんかも見られるし。
B: 塩が石鹸代わりというのは面白いですね。
ラ: 私がちっちゃい頃は、近所のお年寄りなんかは、歯を磨くのに塩をつけて磨いてましたよ。
MC: うがいも塩水がいいって言いますしね。
ラ: 今だって耳の調子が悪くて耳鼻科に行くと、鼻を塩水で洗ったりするから。
A: 塩でですか?
ラ: 耳と鼻はつながっているから、こっち(鼻)をきれいにすれば耳も良くなりますからって言われて。
MC: うわっ。「ほっしゃん。」を思い出しちゃった。(以下「ほっしゃん。」の解説は省略)
一同: ははは
MC: これはマルタンBコメントにしておこう。
B: そういえばスパゲッティを鼻から入れて耳から出す人がいますよって?
MC: 「ほっしゃん。」で(塩の)話が終わるという…。
マルタンAのまとめ
A: 走りやすい道でしたね。
ラ: そうですね。「ひょっこりひょうたん島」も見ましたよ。
MC: マルタンA、うまいこと言うね。無理に話を立て直そうとしてない?
B: いいコメント残そうとして。
A: 一応、僕しか言えないこと言っておこうかなと思って。
一同: ははは
A: ほんとうに、…(※いいことを言っているのだが、いかんせん聞き取れない…)まあ、私はMCと違って、ナビなんかに頼らなくても十分ガイドできますから。
MC: 言うねえ。
(以下、当日の座談会の合流場面〜サプライズ大作戦について話が展開する…。)
MC: …こんなオチでいいの? ていうか、話の内容みんなわからないよ。
A: 島々の道は走りやすかった、ということで。
B: ドッキリはおもしろいね、と。
ラ: たしかにあの島の道はわかりやすかったですね。それに比べると、あっち(次回)の徳島の方はね、意外とわかりづらかった。
B: わかりにくかったですね。
MC: だから、その号の地図は再三直しました。
B: 結構迷いましたよね。徳島の話になっちゃいますけど。
MC: ちょっと待って。わかった。次に進む前にひと言だけ言い残して置きたい。むしろ残さないといけない。「この12月号〜1月号のWEBは、一番大変だった!」よっぽど自分でつくっている方が楽だったよ。ね、マルタンA。
A: ま、そうですね…。
MC: 自分がつくれないから大変だった。ということで、次へ。
恋愛成就

(ひょうたん島)

しまなみ海道の橋5
「結」に進む