ニッポンレンタカーHOME > 旅のお役立ちガイド > 道々の拾いもの > 特別企画 総集編 > “胎動の巻”
「起」
座談会

●とき:2007年3月3日(土)午後7時〜10時
●ところ:ある温泉旅館の離れの一室にて
●登場人物(紹介コメント by MC)

MCアイコン
ライターアイコン
マルタンAアイコン
マルタンBアイコン
MC: この広告シリーズの全体ディレクションを担っていた人物。
人生も旅も、あてどなくさまようことを好む。
しゃべりたがる割には、あまり人の話を聞かないらしい。
ライター(ラ): 広告の企画・コピーライティングを担っていた人物。
山口で生まれ育ち、現在富士山のふもとに住まう。
植物と料理に精通している。
マルタンA(A): マルタンとは「○担」、つまり制作担当者ということ。
社内制作スタッフの中では社歴が最も長い。
仕事以上にお酒をこよなく愛する人物。
声は小さいが、人一倍親切。
マルタンB(B): もう1人の制作担当者。一番若いのに一番しっかりしていて、
仕事のみならず、家族計画でも先んじている。
自称グルメ(単に食欲に貪欲なだけか?)。
プロローグ:編集会議
MC: Vol.1に至る編集会議の過程が印象深かった。特に最初。
いきなりK教授がいなかったりして・・・
ライター: 神保町の階段の急なとこでやったあれね。
マルタンA: 「蔵」の後を活用した居酒屋だとか。
MC: たまたま僕がトイレ行っている間にマルタンBが何かを話していて、
それで流れが大きく変わっていて、「マルタンBはいったい何を話したんだ!」と思っている間に会議が終わってしまった・・・
マルタンB: ハハハハハハ
MC: 結局その場では何も決まらず、「また改めて次回を行いましょう」と場を取りつくろうので精一杯だった。
ラ: MCえらく落ち込んでいたものね。
A: こう着状態の中でBが別の話を切り出していたからね。
ラ: まあ、まとめなくてもよかったんじゃない。
MC: 一同、初の顔合わせでしたからね。
ラ: みんなが同じスタートラインに立って仕事を始めましょう、ということで。
あれはあれでよかった。
MC: 「ニッポンレンタカーとは」という話を僕らが初めてしたのが、あの場だったですね。
ラ: ドライブの楽しさって何だろう?という話とか。あの会合があったから「クルマなら、寄り道できる。」というフレーズが浮かんだ。
A: 旅の楽しさとかね。でもBは確か、「鮎おいしかった」って話をしていたけど、それって、インディレースを見に行ったときの“ついで”で立ち寄った話だよね。
MC: あれ?俺もインディ見に行ったけど、Bとはたった一回すれ違っただけだよ。
B: それ以上はノーコメントで・・・
Vol.1「宮崎・日向編」
MC: 最初の場所決めは難しかったのですが、何か「ゆかり」が欲しくて、ニッポンレンタカーの営業開始の地である宮崎を選びましたね。
今も九州地区の運営会社の拠点は宮崎にあります。
B: 福岡にもオフィスはあるけど…
ラ: ふーん。
A: 法人の営業セクションが福岡、本社は宮崎です。
MC: その中で、また行ってみたいところを選びました。
ここは大学時代以来で、実際再訪してみたら、資料館も周辺も結構様変わりしていていた。昔の面影が薄れていて、ちょっと寂しかった。でも、ライターも言っていた「曇りならではの川の音の世界」は良かった。
ラ: 山が霞がかっていてね。ドライブ日和は決して“晴れ”ばっかりじゃないよ、というね。表の顔ばかり見ていてもつまらないし。
(山)
(川)
MC: その「音」が伝えられないのがもったいないんですよね。
ラ: 都会の雨とは違って、緑があるところの雨の匂いとかもね。国道をそれて山道に入ったとたん、空気が変わったのね。それから、牧水の銅像も、実際に傘持ってて。
MC: このイラスト、滋味があっていいんですよねえ。最後でもふれますが、「人」に始まり「人」に終わるという…
ラ: そうですね。
MC: それから、道路わきのあの黄色い花々…
ラ: 菊芋?
MC: そうです。あれが印象的でした。
ラ: うちの方(山梨)では夏の花なんだけど、ここでは5月に咲いていたね。やっぱ宮崎は暖ったかいんだなあって。ちなみに、芋って言うくらいだから、地下茎を食べられるのよ。
A: ○×△※#$★Э。(※聞き取り不能)
一同: ははは。
B: マルタンAは食べることしか関心がないんだから。
さすが!今日だって…。(以下省略)
ラ: さすがの私も食べたことはないけど。
MC: あと貴重な教訓になったのは、「写真集」で見る街と、実際に見るそれとでは大きな違いがありましたね。
ラ: 美々津ねえ。
MC: やっぱり、実際に見に行って確かめることは大事だなあ、と痛感しました。
ラ: あと、話として面白いことと、絵になりやすいものとの違いも大きくて。
MC: 話の内容とイラストの距離感の調整は、このあともしばらく続きましたね。
(美々津)
Vol.2「京都・鞍馬貴船編」


鞍馬山
ラ: これは事前に散々“脅かされて”行きましたねえ。
MC: 編集会議で初めて教授と顔合わせして、そこですごい話を聞きましたからね。
ラ: すっごく覚悟していったから、逆にそれほどでもなかった。宮崎の日向岬(馬が背)の山の方が、予測していない分しんどかった。ともかく、ちょっと面白い世界でしたね。
MC: このシリーズ、僕は結構「すでに行ったところ」が多かったけど、ここは初めてでした。
なので、ライターの言う「不思議感」は結構ありましたね。
ラ: 鞍馬山で、ひとつの宇宙が出来上がっている感じがあるね。
MC: 仏教でも神道でもない、なんかこう、独特の鞍馬信仰…
ラ: 「鞍馬信仰」よねえ。
MC: そんなものがあったので、多分歩いた距離や体力的にはこっちの方がきついはずなんだけど、体の負荷はそれほど感じなかった。
ラ: 霊気みたいなものが漂っていたんじゃないかな。
MC: 天気が良くて歩きやすかったというのもありましたけどね
水占い
B: あの水占い、僕の机の上にまだ残ってますよ。
MC: 僕とライターは揃って「大吉」だったからね。
ラ: いまさら「大吉」もらってもしょうがないんだけど。
A: Bはまだ占ってないの?
B: さすがに、給湯室の水に浮かべるのはどうかなと思って。
一同: ははは
B: そのためらいがあって。
MC: でも僕は余計に買ったやつで一回やったよ。
B: それだとご利益がないような…
MC: そしたら、ここ(貴船神社の神水)でやるしかないじゃん。
B: そういう機会もないから、せめてどっかの神社でやらないと。
ラ: でもね、この水占い、一度やっても乾くとまた元に戻るのよ。
B: 同じ内容ですよね。
A: 当たり前じゃん。
MC: 変わったら面白いけどね。
一同: ははは
A: 変わったらそれって、そもそも意味あるの?
MC: 技術的には可能な気もする…
B: もう一回浮かべてみたら? 貴船でやったら「大吉」だけど、水道水でやったら「凶」とか。
A: ○×△※#$★Э。(※聞き取り不能)
ラ: MCは「凶」が出た高校生を、結構からかっていた。(写真左)
「かわいそうにねえ。凶だって? 僕たち大吉なんだよ。」って。
あの子達本気にしちゃって…
B: 何ニヤケてるんですか。
MC: いやあ、懐かしくってねえ。WEBでも書いてるもんね。
「いい恋しろよ」って。
ラ: 貴船はなかなか良かったね。平安人の軽井沢って感じで。
MC: 貴船神社と川床料理はセットですね。「高い」と思ったけど、ほんとに行ってよかった。すっごい気分はセレブ。
ホタル
MC: あとはもう、ホタルに尽きる。
待って待って、やっと二匹のホタルを初めて見た…
ラ: もう無理かなあと思ったからね。
MC: それが多分感激だったんだと思う。今後たとえ「満面のホタル」を見ても、きっと“普通”なのかもしれない。
A: シチュエーションによりけりですけどね。
MC: 僕が女だったらこれで落ちるくらい。
ラ: ははは
MC: あんなロマンチックなシチュエーションはなかった。
ラ: だから、恋人同士で見ていたらすごいでしょうね。
(なぜかマルタンAとB、笑いが…)
MC: 毎回そうなんですけど、ホタルだったり、川床料理だったり、そこに行って思わず感動したものとかよかったものを、本来は広告に取り上げたいのだけど…
ラ: 時期がねえ。
MC: 3ヶ月の広告制作リードタイムの絡みで、涙を飲むことになる。
ラ: 取材が6月で広告が9月だから、川床料理は…
MC: こっちはWEBではぎりぎり間に合いましたが、やはりホタルだけは旬じゃなくて。いつもそれで結構悔しい思いをしている。ライブ感というか、そのとき惹かれるものって、やっぱり季節性の高いものなんでしょうね。
ラ: やっぱりね。旅にとって季節の要素は大きいですからね。
B: どうしても祭りとかは取り上げられない。
MC: その辺がねえ。


結論
MC: いやあ、でも、京都はいい。
ラ: 京都良かったですね。
MC: なんだかんだいって、京都はいい。京都は楽しい。
おもしろかったのは、貴船のあと京都市街に戻ってきたとき、気温が1度、体感温度が確実に違っていたこと。あんな距離なのに。
ラ: 私なんて、仁和寺の前で野菜まで買っちゃいましたからね。
MC: 初めての仁和寺も良かったけど、金閣寺にも行きたかった。ちょうど金閣寺の前を通ちゃったからね。高校の修学旅行以来、金閣寺は見てないから。(我ながら長いので以下省略)
僕はどうしてか『徒然草』に出てくる仁和寺がずっと気になっていて、一度見てみたかった。とはいえ、やはり金閣寺や清水寺も…。広告テーマ的にはだめだけど、“ついで”としてはぜひ見ておきたかった。
いかんせん、一泊二日の強行取材日程だから…。
B: 駆け足ですからね。
「承」に進む